徒然草243)八つになりし年

 八つになりし年、父に問うていはく、「仏はいかなるものにか候ふらむ」といふ。父がいはく、「仏には人のなりたるなり」と。また問ふ、「人はなにとして仏にはなり候ふやらむ」と。父また、「仏の教へによりてなるなり」と答ふ。また問ふ、「教へ候ひける仏をば、何が教へ候ひける」と。また答ふ、「それもまたさきの仏の教へによりてなり給ふなり」と。また問ふ、「その教へはじめ候ひける第一の仏は、いかなる仏にか候ひける」といふ時、父、「空よりや降りけむ、土よりやわきけむ」といひて笑ふ。「問ひつめられてえ答へずなり侍りつ」と、諸人に語りて興じき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→