堤中納言物語001)花桜折る少将

 月にはかられて、夜深く起きにけるも、思ふらむ所いとほしけれど、立ち帰らむも遠きほどなれば、やうやう行くに、小家などに例おとなふものも聞こえず。くまなき月に、所々の花の木どもも、ひとへにまがひぬべく霞みたり。今少し過ぎて、見つる所よりもおもしろく、過ぎ難き心地して、
  そなたへと行きもやられず花桜匂ふ木陰に立ちよられつつ  
とうち誦じて、「早くここにもの言ひし人あり」と、思ひ出でて、立ちやすらふに、築地のくづれより、白きものの、いたうしはぶきつつ出づめり。
 哀れげに荒れ、人気なき所なれば、ここかしこ覗けど咎むる人なし。このありつる者の帰るを呼びて、「ここに住み給ひし人はいまだおはすや。『山人に物聞こえむといふ人あり』とものせよ」といへば、「その御方は、ここにもおはしまさず。何とかいふ所になむ住ませ給ふ」と聞こえつれば、「哀れの事や。尼などにやなりたるらむ」と後ろめたくて、「かの光遠に逢はじや」など、ほほ笑みてのたまふほどに、妻戸をやはらかいはなつ音すなり。
 をのこども少しやりて、透垣のつらなる群薄の繁き下に隠れて見れば、「少納言の君こそ。明けやしぬらむ。出でて見給へ」といふ。よきほどなる童の、様体をかしげなる、いたう萎え過ぎて、宿直姿なる、蘇芳にやあらむ、つややかなる袙に、うちすきたる髪の裾、小袿に映えてなまめかし。月の明かき方に、扇をさし隠して、「月と花とを」と口ずさみて、花の方へ歩み来るに、おどろかさまほしけれど、しばし見れば、おとなしき人の、「季光はなどか今まで起きぬぞ。弁の君こそ、ここなりつる。参り給へ」といふは、物へ詣づるなるべし。ありつる童は留まるなるべし。「わびしくこそおぼゆれ。さはれ、ただ御供に参りて、近からむ所に居て、御社へは参らじ」などいへば、「物ぐるほしや」などいふ。
 皆仕立てて、五六人ぞある。下るるほどもいとなやましげに、「これぞ主なるらむ。」と見ゆるを、よく見れば、衣脱ぎかけたる様体、ささやかにいみじう子めいたり。物言ひたるも、らうたきものの、ゆゑゆゑしく聞こゆ。「嬉しくも見つるかな」と思ふに、やうやう明くれば帰り給ひぬ。
 日ざしあがるほどに起き給ひて、昨夜の所に文書き給ふ。「いみじう深う侍りつるも、ことわりなるべき御気色に出で侍りぬるは、辛さもいかばかり」など、青き薄様に柳につけて、
  さらざりしいにしへよりも青柳のいとどぞ今朝は思ひみだるる  
とて遣り給へり。返り事めやすく見ゆ。
  かけざりしかたにぞはひし糸なれば解くと見し間にまた乱れつつ  
とあるを見給ふほどに、源中将、兵衛の佐、小弓持たせておはしたり。「昨夜はいづくに隠れ給へりしぞ。内裏に御遊びありて召ししかども、見つけ奉らでこそ」とのたまへば、「ここにこそ侍りしか。怪しかりけることかな」などのたまふ。花の木どもの咲き乱れたる、いと多く散るを見て、
  飽かで散る花見る折はひたみちに  
とあれば、佐、
  我が身にかつはよわりにしがな  
とのたまふ。中将の君、「さらばかひなくや」とて、
  散る花を惜しみとめても君なくは誰にか見せむ宿の桜を  
とのたまふ。たはぶれつつもろともに出づ。「かの見つる所尋ねばや」と思す。
 夕方、殿にまうで給ひて、暮れ行くほどの空、いたう霞みこめて、花のいとおもしろく散り乱るる夕ばえを、御簾巻き上げてながめ出で給へる御容貌、言はむ方なく光満ちて、花のにほひも無下にけおさるる心地ぞする。琵琶を黄鐘調に調べて、いとのどやかに、をかしく弾き給ふ御手つきなど、限りなき女もかくはえあらじと見ゆ。この方の人々召し出でて、さまざまうち合せつつ遊び給ふ。光季、「いかが女のめで奉らざらむ。近衛の御門わたりにてこそ、めでたく弾く人あれ、何事にもいとゆゑづきてぞ見ゆる」と、おのがどち言ふを聞き給ひて、「いづれ、この桜多くて、荒れたる宿りをばいかでか見し。我に聞かせよ」とのたまへば、「なほ便りありて、まかりたりしになむ」と申せば、「さる所は見しぞ。細かに語れ」とのたまふ。かの見し童に物いふなりけり。「故源中納言のむすめになむ。実にをかしげにぞ侍るなる。かの御伯父の大将なむ、『迎へて内裏に奉らむ』と申すなる」と申せば、「さらざらむ先に、なほたばかれ」とのたまふ。「さ思ひ侍れど、いかでか」とて立ちぬ。
 夕さり、かの童は、ものいとよくいふ者にて、ことよく語らふ。「大将殿の常にわづらはしく聞こえ給へば、人の御文伝ふることだに、大上いみじくのたまふものを」と、同じ所にて、めでたからむことなどのたまふ頃、ことに責むれば、若き人の思ひやり少なきにや、「心よき折あらば、今」といふ。御文は「ことさらに、気色見せじ」とて伝へず。光季参りて、「言ひおもむけて侍り。今宵ぞよく侍るべき」と申せば、喜び給ひて、少し夜更けておはす。光季が車にておはしぬ。童、けしき見ありきて入れ奉りつ。火はもののうしろへ取りやりたれば、ほのかなるに、母屋にいとちひさやかにてうつ臥し給へるを、かき抱きて乗せ奉り給ひて、車を急ぎて遣るに、「こは何ぞ、何ぞ」とて、心得ず、あさましう思さる。
 中将の乳母聞き給ひて、「大上の後ろめたがり給ひて、臥し給へるになむ。もとより小さくおはしけるを、老い給ひて、法師にさへなり給へば、頭寒くて、御衣を引きかづきて臥し給へるなむ、それとおぼえけるもことわりなり。車寄するほどに、古びたる声にて、「いなや、こはたれぞ」とのたまふ。
 その後いかが。をこがましうこそ。御容貌はかぎりなかりけれど。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『堤中納言物語』の章を紹介してみる→