堤中納言物語003)虫めづる姫君

 蝶めづる姫君の住み給ふかたはらに、按察使の大納言の御むすめ、心にくくなべてならぬさまに、親たちかしづき給ふことかぎりなし。この姫君ののたまふこと、「人々の、花や蝶やとめづるこそ、はかなくあやしけれ。人はまことあり、本地たづねたるこそ、心ばへをかしけれ」とて、よろづの虫の恐ろしげなるを取り集めて、「これが成らむさまを見む」とて、さまざまなる籠箱どもに入れさせ給ふ。中にも、「かは虫の、心ふかきさましたるこそ心にくけれ」とて、明け暮れは耳はさみをして、籠のうらにそへふせて、まぼり給ふ。若き人々はおぢまどひければ、男の童のものをぢせず、いふかひなきを召し寄せて、箱の虫どもを取らせ、名を問ひ聞き、いま新しきには名をつけて、興じ給ふ。「人はすべて、つくろふ所あるはわろし」とて、眉さらに抜き給はず。歯黒めさらに「うるさし、きたなし」とて、つけ給はず、いと白らかに笑みつつ、この虫どもを朝夕に愛し給ふ。人々はおぢわびて逃ぐれば、その御方は、いとあやしくなむののしりける。かくおづる人をば、「けしからず、ぼうぞくなり」とて、いと眉黒にてなむにらみ給ひけるに、いとど心地なむまどひける。
 親達は、「いとあやしく、さまことにおはするこそ」とおぼしけれど、「おぼし取りたることぞあらむや。あやしきことぞ」とて、「聞こゆることは、深く、さ、いらへ給へば、いとぞかしこきや」と、これをもいとはづかしとおぼしたり。「さはありとも、音聞きあやしや。人は、みめをかしきことをこそ好むなれ。むくつけげなるかは虫を興ずなると、世の人の聞かむもいとあやし」と聞こえ給へば、「苦しからず。よろづのことどもをたづねて、末を見ればこそ、ことはゆゑあれ。いとをさなきことなり。かは虫の蝶とはなるなり」と、そのさまのなり出づるを取り出でて見せ給へり。「きぬとて人々の着るも、蚕のまだ羽根つかぬにし出だし、蝶になりぬれば、いともはてにて、あだになりぬるをや」とのたまふに、言ひ返すべうもあらず、あさまし。
 さすがに、親たちにもさしむかひ給はず、「鬼と女とは人に見えぬぞよき」と案じ給へり。母屋の簾をすこし巻き上げて、几帳いでたてて、かくさかしく言ひ出だし給ふなりけり。
 これを若き人々聞きて、「いみじくさかし給へど、心地こそまどへ」「この御あそびものよ」「いかなる人、蝶めづる姫君につかまつらむ」とて、兵衛といふ人、
  いかで我とかむ方なくゐてしがなかは虫ながら見るわざはせじ  
と言へば、小大輔といふ人笑ひて、
  うらやまし花や蝶やといふめれどかは虫くさき世をも見るかな  
など言ひて笑へば、「からしや」「眉はしも、かはむしだちためり」「さて、歯ぐきこそ」「皮のむけたるにやあらむ」とて、左近といふ人、「
  冬くれば衣たのもし寒くともかは虫多く見ゆるあたりは  
衣など着ずともあらなむかし」など言ひあへるを、とがとがしき女聞きて、「若人たちは、何事に言ひおはさうずるぞ。蝶めで給ふなる人も、もはらめでたうもおぼえず。けしからずこそおぼゆれ。さてまた、かは虫ならべ、蝶といふ人ありなむやは。ただそれがもぬくるぞかし。そのほどをたづねてし給ふぞかし。それこそ心深けれ。蝶はとらゆれば、手にきりつきて、いとむつかしきものぞかし。また、蝶はとらふれば、わらは病せさすなり。あなゆゆしともゆゆし」と言ふに、いとど憎さまさりて言ひあへり。
 この虫どもとらふる童には、をかしきもの、かれが欲しがるものを賜へば、さまざまに恐ろしげなる虫どもを取り集めて奉る。「かは虫は、毛などはをかしげなれど、おぼえねばさうざうし」とて、いぼじり、かたつぶりなどを取り集めて、歌ひののしらせて聞かせ給ひて、われも声をうちあげて、「かたつぶりのお、つのの、あらそふや、なぞ」といふことをうち誦し給ふ。童べの名は、例のやうなるはわびしとて、虫の名をなむつけ給ひたりける。けらを、ひきまろ、かなかがち、いなごまろ、あまひこなど付けて、召し使ひ給ひける。
 かかること世に聞こえて、いとうたてあることを言ふ中に、ある上達部の御子、うちはやりてものおぢせず、愛敬づきたるあり。この姫君のことを聞きて、「さりとも、これにはおぢなむ」とて、帯のはしのいとをかしげなるに、蛇のかたをいみじく似せて、動くべきさまなどしつけて、いろこだちたる懸袋に入れて、結びつけたる文を見れば、
  はふはふも君があたりにしたがはむ長き心のかぎりなき身は  
とあるを、何心なく御前に持て参りて、「袋など、あくるだにあやしくおもたきかな」とてひきあけたれば、蛇、首をもたげたり。人々、心をまどはしてののしるに、君はいとのどかにて、「なもあみだぶつ、なもあみだぶつ」とて、「生前の親ならむ、な騒ぎそ」とうちわななかし、顔、他様に、「なまめかしきうちしも、結縁に思はむぞ、あやしき心なりや」とうちつぶやきて、近く引き寄せ給ふも、さすがに恐ろしくおぼえ給ひければ、立ちどころ居所蝶のごとく、せみ声にのたまふ声の、いみじうをかしければ、人々逃げ去りて笑ひ入れば、しかじかと聞こゆ。「いとあさましく、むくつけきことをも聞くわざかな。さるもののあるを見る見る、みな立ちぬらむことこそ、あやしきや」とて、大殿、太刀をひきさげて、もて走りたり。よく見給へば、いみじうよく似せて作り給へりければ、手に取り持ちて、「いみじう、ものよくしける人かな」とて、「かしこがり、ほめ給ふと聞きて、したるなめり。返事をして、はやくやり給ひてよ」とて、渡り給ひぬ。
 人々、作りたると聞きて、「けしからぬわざしける人かな」と言ひにくみ、「返事せずは、おぼつかなかりなむ」とて、いとこはく、すくよかなる紙に書き給ふ。仮名はまだ書かざりければ、片仮名に、「
  契りあらばよき極楽にゆきあはむまつはれにくし虫のすがたは  
福地の園に」とある。
 右馬の佐見給ひて、いとめづらかに、さまことなる文かな、と思ひて、いかで見てしがな、と思ひて、中将と言ひあはせて、あやしき女どもの姿をつくり按察使の大納言の出で給へるほどにおはして、姫君の住み給ふ方の、北面の立蔀のもとにて見給へば、男の童のことなることなき、草木どもにたたずみありきて、さて言ふやうは、「この木にすべて、いくらもありくは、いとをかしきものかな」と、「これも御覧ぜよ」とて、簾を引き上げて、「いとおもしろきかは虫こそさぶらへ」と言へば、さかしき声にて、「いと興あることかな。こち持て来」とのたまへば、「取りわかつべくもはべらず。ただここもと、御覧ぜよ」と言へば、あららかに踏みて出づ。簾をおしはりて、枝を見入れ給ふを見れば、かしらへ衣着あげて、髪もさがりば清げにはあれど、けづりつくろはねばにや、しぶげに見ゆるを、眉いと黒く、はなばなとあざやかに、涼しげに見えたり。口つきも愛敬づきて、清げなれど、歯黒めつけねば、いと世づかず。化粧したらば、清げにはありぬべし。心憂くもあるかな、とおぼゆ。かくまでやつしたれど、みにくくなどはあらで、いとさまことに、あざやかにけだかく、はなやかなるさまぞあたらしき。練色の綾の袿ひとかさね、はたおりめの小袿ひとかさね、白き袴を好みて着給へり。この虫を、いとよく見むと思ひてさし出でて、「あなめでたや。日にあぶらるるが苦しければ、こなたざまに来るなりけり。これを一つも落とさで追ひおこせよ、童べ」とのたまへば、突き落とせば、はらはらと落つ。白き扇の、墨黒に真名の手習ひしたるをさし出でて、「これに拾ひ入れよ」とのたまへば、童べ取り出づる。みる君達も、「あさましうさへなんある、けだかうこよなくもあるが」など思ひて、童を思ひて、いみじときえいり給ふ。
 童の立てる、あやしと見て、「かの立蔀のもとに添ひて、清げなる男の、さすがに姿つきあやしげなるこそ、のぞき立てれ」と言へば、この大輔の君といふ、「あないみじ。御前には、例の虫興じ給ふとて、あらはにやおはすらむ。告げ奉らむ」とて参れば、例の簾の外におはして、かは虫ののしりて、払ひ落とさせ給ふ。いと恐ろしければ、近くは寄らで、「入らせ給へかし。あらはなり」と聞こえさすれば、「これを制せむと思ひて言ふ」とおぼえて、「それ、さはれ、もの恥づかしからず」とのたまへば、「あな心憂。そらごととおぼしめすか。その立蔀のつらに、いと恥づかしげなる人侍るなるを、奥にて御覧ぜよ」と言へば、「けらを、かしこに出で見て来」とのたまへば、立ち走り行きて、「まことに侍るなりけり」と申せば、立ち走り、かは虫は袖に拾ひ入れて、走り入り給ひぬ。たけだちよきほどに、髪も袿ばかりにていと多かり。すそも削がねば。ふさやかならねど、ととのほりてなかなかうつくしげなり。「かくまであらぬも世の常の人ざま、けはひ、もてつけぬるは、くちをしうやはある。まことに、うとましかるべきさまなれど、いと清げにけだかう、わづらはしきけぞことなるべき。あなくちをし、などか、いとむくつけき心なるらむ。かばかりなるさまを」とおぼす。
 右馬の佐、「ただ帰らむはいとさうざうし。見けりとだに知らせむ」とて、畳紙に、草の汁して、
  かは虫の毛ぶかきさまを見つるよりとりもちてのみまもるべきかな  
とて、扇して打ちたたき給へば、童べ出で来たり。「これ、奉れ」とて取らすれば、大輔の君といふ人、「このかしこに立ち給へる人の、御前に奉れとて」と言へば、取りて、「あないみじ。右馬の佐のしわざにこそあめれ。心憂げなる虫をしも興じ給へる御顔を見たてまつらむよ」とて、さまざま聞こゆれば、言ひ給ふことは、「思ひとけば、ものなむ恥づかしからぬ。人は夢幻のやうなる世に、誰かとまりて、悪しきことをも見、よきことをも思ふべき」とのたまへば、いふかひなくて、若き人々、おのがじし心憂がりあへり。
 この人々、「返り事やはある」とて、しばし立ち給へれど、童べをもみな呼び入れ、「心憂し」と言ひあへり。ある人々は心づきたるもあるべし、「さすがに、いとほし」とて、
  人に似ぬ心のうちはかは虫の名をとひてこそ言はまほしけれ  
右馬の佐、
  かは虫にまぎるるまゆの毛の末にあたるばかりの人はなきかな  
と言ひて、笑ひて帰りぬめり。二の巻にあるべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『堤中納言物語』の章を紹介してみる→