堤中納言物語004)ほどほどの懸想

 祭のころは、なべて今めかしう見ゆるにやあらむ、あやしき小家の半蔀も、葵などかざして心地よげなり。童べの、袙、袴清げにて、さまざまの物忌どもつけ、化粧じて、「我も劣らじ」といどみたる気色どもにて、行き違ふはをかしく見ゆるを、ましてその際の小舎人、随身などは、ことに思ひ咎むるもことわりなり。
 とりどりに思ひわけつつ物言ひ戯るるも、「何ばかりはかばかしきことならじかし」と、あまた見ゆる中に、いづくのにかあらむ、薄色着たる、髪はたけばかりある、頭づき、様体などもいとをかしげなるを、頭の中将の御小舎人童、思ふさまなり、と見て、いみじくなりたる梅の枝に、葵をかざして取らすとて、
  梅が香に深くぞたのむおしなべてかざす葵のねも見てしがな  
と言へば、
  しめのうちの葵にかかるゆふかづらくれどね長きものと知らなむ  
と押し放ちていらふもざれたり。「あな、聞きにくや」とて、笏して走り打ちたれば、「そよ、その『なげきの森』のもどかしければぞかし」など、ほどほどにつけては、かたみに「痛し」など思ふべかめり。その後、常に行き逢ひつつも語らふ。
 いかになりにけむ、うせ給ひにし式部卿の宮の姫君の中になむ候ひける。宮などとくかくれ給ひにしかば、心細く思ひ歎きつつ、下わたりに人少なにて過ぐし給ふ。上は、宮の失せ給ひける折、様変へ給ひにけり。姫君の御容貌、例のことと言ひながら、なべてならずねびまさり給へば、「いかにせまし。内裏などに思し定めたりしを、今はかひなく」など思し歎くべし。
 この童来つつ見るごとに、頼もしげなく、宮の内も寂しくすごげなる気色を見て、語らふ。「まろが君を、この宮に通はし奉らばや。まだ定めたる方もなくておはしますに、いかによからむ。ほど遙かになれば、思ふままにも参らねば、おろかなりとも思すらむ。また、いかにと後ろめたき心地も添へて、さまざま安げなきを」といへば、「さらに今はさやうの事も思しのたまはせず、とこそ聞けば」といふ。「御容貌めでたくおはしますらむや。いみじき御子たちなりとも、飽かぬ所おはしまさむは、いと口惜しからむ」といへば、「あな、あさまし。いかでか。見奉らむ人々のたまふは、『よろづむつかしきも、御前にだにまゐれば、慰みぬべし』とこそのたまへ」と語らひて、明けぬれば往ぬ。
 かくいふほどに年も返りにけり。君の御方に若くて候ふ男、好ましきにやあらむ、定めたる所もなくて、この童にいふ、「その通ふらむ所はいづくぞ。さりぬべからむや」といへば、「八条の宮になむ。知りたる者候ふめれども、殊に若人あまた候ふまじ。ただ、中将、侍従の君などいふなむ、容貌も好げなりと聞き侍る」といふ。「さらば、そのしるべして伝へさせてよ」とて、文とらすれば、「はかなの御懸想かな」と言ひて、持て行きて取らすれば、「あやしのことや」と言ひて、もて上りて、「しかじかの人」とて見す。手も清げなり。柳につけて、「
  したにのみ思ひ乱るる青柳のかたよる風はほのめかさずや  
知らずはいかに」とある。「御返り事なからむは、いとふるめかしからむ。今やう様は、なかなかはじめのをぞし給ふなる」などぞ笑ひてもどかす。少し今めかしき人にや、
  ひとすぢに思ひもよらぬ青柳は風につけつつさぞ乱るらむ  
今やうの手のかどあるに書き乱りたれば、をかしと思ふにや、守らへてゐたるを、君見給ひて、うしろよりにはかに奪ひ取り給へり。「誰がぞ」と摘みひねり問ひ給へば、「しかじかの人のもとになむ。なほざりにや侍る」と聞こゆ。「我もいかで、然るべからむ便りもがな」と思すあたりなれば、目とまりて見給ふ。「同じくは、ねんごろに言ひおもむけよ。物の便りにもせむ」などのたまふ。童を召して、有様くはしく問はせ給ふ。ありのままに、心細げなる有様を語らひ聞こゆれば、「あはれ故宮のおはせましかば」と。
 さるべき折はまうでつつ見しにも、よろづ思ひ合せられ給ひて、「世の常に」などひとりごたれ給ふ。我が御うへもはかなく思ひ続けられ給ふ。
 いとど世もあぢきなくおぼえ給へど、また、いかなる心の乱れにかあらむとのみ、常にもよほし給ひつつ、歌など詠みて問はせ給ふべし。「いかで言ひつきし」など思しけるとかや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『堤中納言物語』の章を紹介してみる→