堤中納言物語005)逢坂越えぬ権中納言

 五月待ちつけたる花橘の香も、昔の人恋しう、秋の夕べにも劣らぬ風にうち匂ひたるは、をかしうもあはれにも思ひ知らるるを、山郭公も里なれて語らふに、三日月の影ほのかなるは、折から忍びがたくて、例の宮わたりにおとなはまほしう思さるれど、「かひあらじ。」とうち歎かれて、あるわたりの、なほ情けあまりなる方までと思せど、そなたは物憂きなるべし。「いかにせむ」とながめ給ふほどに、「内裏に御遊び始まるを、ただ今参らせ給へ」とて、蔵人の少将参り給へり。「待たせ給ふを」などそそのかし聞こゆれば、物憂ながら、「車さし寄せよ」などのたまふを、少将、「いみじうふさはぬ御気色の候ふは、頼めさせ給へる方の、恨み申すべきにや」と聞こゆれば、「かばかりあやしき身を、恨めしきまで思ふ人は、誰か」など言ひかはして参り給ひぬ。
 琴、笛など取り散らして、調べまうけて待たせ給ふなりけり。ほどなき月も雲隠れぬるを、星の光に遊ばせ給ふ。この方、つきなき殿上人などは、眠たげにうちあくびしつつ、すさまじげなるぞわりなき。
 御遊び果てて、中納言、中宮の御方にさし覗き給ひつれば、若き人々心地よげにうち笑ひつつ、「いみじき方人参らせ給へり。あれをこそ」など言へば、「何ごとせさせ給ふぞ」とのたまへば、「あさて、根合せし侍るを、いづ方にか寄るらむと思しめす」と聞こゆれば、「あやめも知らぬ身なれども、引き取り給はむ方にこそは」とのたまへば、「あやめも知らせ給はざなれば、右には不用にこそは。さらばこなたに」とて、小宰相の君、押し取り聞こえさせつれば、御心も寄るにや、「かう仰せらるる折も侍りけるは」とて、憎からずうち笑ひて出で給ひぬるを、「例のつれなき御気色こそわびしけれ。かかるをりは、うちも乱れ給へかし」とぞ見ゆる。
 左の人、「さらば、こなたには三位の中将を寄せ奉らむ」と言ひて、殿上に呼びにやり聞こえて、「かかることの侍るを、『こなたに寄らせ給へ。』と頼み聞こゆる」と聞こえさすれば、「ことにも侍らぬ。心の及ばむ限りこそは」と、頼もしうのたまふを、「さればこそ。この御心は、底ひ知らぬこひぢにもおりたち給ひなむ」と、かたみに羨むも、宮はをかしう聞かせ給ふ。
 中納言、さこそ心にいらぬ気色なりしかど、その日になりて、えも言はぬ根ども引き具して参り給へり。小宰相の局にまづおはして、「心幼く取り寄せ給ひしが心苦しさに、若々しき心地すれど、安積の沼を尋ねて侍り。さりとも、まけ給はじ」とあるぞ頼もしき。いつの間に思ひ寄りけることにか、言ひ過ぐすべくもあらず。
 左の少将おはしたるなり。「いづこや。いたう暮れぬほどぞよからむ。中納言はまだ参らせ給はぬにや。」と、まだきにいどましげなるを、少将の君、「あな、をこがまし。御前こそ、御声のみ高くておそかめれ。彼は東雲より入り居て、ととのへさせ給ふめり。」などいふほどにぞ、かたちより始めて同じ人とも見えず恥づかしげにて、「などとよ。この翁いたういどみ給ひそ。身も苦し。」とて、歩み出で給へる。御年の程ぞ、二十に一、二ばかり余り給ふらむ。「さらば、とくし給へかし。見侍らむ」とて、人々参り集ひたり。
 方人の殿上人、心々に取りいづる根の有様、いづれもいづれも劣らず見ゆる中にも、右のは、なほなまめかしきけさへ添ひてぞ、中納言のし出で給へる。合せもて行くほどに、持にやならむと見ゆるを、右の、はてに取り出でられたる根ども、さらに心及ぶべうもあらず。三位の中将、言はむ方なく守り居給へり。「右勝ちぬるなめり」と、方人の気色、したり顔に心地よげなり。
 根合せ果てて、歌の折になりぬ。右の講師左中弁、左のは四位の少将、読みあぐるほど、小宰相の君など、いかに心つくすらむと見えたり。「四位少将、いかに。臆すや。」と、あいなう、中納言後見給ふほど、妬げなり。
 左、
  君が代の長きためしにあやめ草千尋に余る根をぞひきつる  
右、
  なべてのと誰か見るべきあやめ草浅香の沼の根にこそありけれ  
とのたまへば、少将、「さらに劣らじものを」とて、
  いづれともいかがわくべきあやめ草同じ淀野に生ふる根なれば  
とのたまふほどに、上聞かせ給ひて、ゆかしう思しめさるれば、忍びやかにて渡らせ給へり。
 宮の御覧ずる所に寄らせ給ひて、「をかしきことの侍りけるを、などか告げさせ給はざりける。中納言、三位など、方わかるるは、戯れにはあらざりけることにこそは」とのたまはすれば、「心に、寄る方のあるにや、わくとはなけれど、さすがにいどましげにぞ」など聞こえさせ給ふ。「小宰相、少将が気色こそいみじかめれ。いづれ勝ち負けたる。さりとも中納言は負けじ」など仰せらるるや、ほの聞こゆらむ、中将、御簾の中、怨めしげに見遣りたる尻目も、らうらうじく愛敬づき、人よりことに見ゆれど、なまめかしう恥づかしげなるは、なほ類なげなり。
 「むげにかくて止みなむも、名残つれづれなるべきを。琵琶の音こそ恋しきほどになりにたれ」と、中納言、弁をそそのかし給へば、「その事となきいとまなさに、皆忘れにて侍るものを」といへど、のがるべうもあらずのたまへば、盤渉調に掻い調べて、はやりかに掻き鳴らしたるを、中納言、堪えず、をかしうや思さるらむ、和琴とり寄せて弾き合せ給へり。この世のこととも聞こえず。三位横笛、四位少将拍子取りて、蔵人の少将、「伊勢の海」うたひ給ふ。声まぎれず、うつくし。
 上は、様々面白く聞かせ給ふ中にも、中納言は、かううち解け、心に入れて弾き給へる折は少きを、めづらしう思しめす。「明日は御物忌なれば、夜更けぬさきに」とて、帰らせ給ふとて、右の根の中にことに長きを、「ためしにも」とて持たせ給へり。
 中納言まかで給ふとて、「階のもとの薔薇も」とうち誦じ給へるを、若き人々は、飽かず慕ひぬべくめで聞こゆ。かの宮わたりにも、「おぼつかなきほどになりにけるを」と、おとなはまほしう思せど、「いたうも更けぬらむ」とてうち臥し給へれど、まどろまれず。「人はものをや」とぞ言はれ給ひける。
 またの日、あやめも引き過ぎぬれど、名残にや、菖蒲の紙あまた引き重ねて、
  昨日こそひきわびにしかあやめ草深きこひぢにおり立ちし間に  
と聞こえ給へれど、例のかひなきを思し歎くほどに、はかなく五月も過ぎぬ。
 つちさへ割れて照る日にも、袖ほす世なく思しくづほるる。十余日の、月くまなきに、宮にいと忍びておはしたり。宰相の君に消息し給ひつれば、「恥づかしげなる御有様に、いかで聞こえさせむ」と言へど、「さりとて、物のほど知らぬやうにや」とて、妻戸押し開け対面したり。うち匂ひ給へるに、よそながらうつる心地ぞする。なまめかしう、心深げに聞こえつづけ給ふ事どもは、奧のえびすも思ひ知りぬべし。「例のかひなくとも、かくと聞くばかりの御言の葉をだに」と責め給へば、「いさや」と打ち歎きて入るに、やをらつづきて入りぬ。臥し給へる所にさし寄りて、「時々は端つ方にても涼ませ給へかし。あまりむもれゐたるも」とて、「例のわりなきことこそ、えも言ひ知らぬ御気色、つねよりもいとほしうこそ見奉り侍れ。『ただ一言聞こえ知らせまほしくてなむ。野にも山にも』とかこたせ給ふこそ。わりなく侍る」と聞こゆれば、「いかなるにか、心地の例ならずおぼゆる」とのたまふ。「いかが」と聞こゆれば、「例は、宮に教ふる」とて、動き給ふべうもあらねば、「かくなむ聞こえむ」とて立ちぬるを、声をしるべにて尋ねおはしたり。思し惑ひたる様、心苦しければ、「身の程知らず、なめげには、よも御覧ぜられじ。ただ一言を」と言ひもやらず、涙のこぼるるさまぞ、様よき人もなかりける。
 宰相の君出でて見れど、人もなし。「返り事も聞きてこそ出で給はめ。人に物のたまふなめり」と思ひて、しばし待ち聞こゆるに、おはせずなりぬれば、「なかなか、かひなき事は聞かじ」など思して、出で給ひにけるなめり。いとほしかりつる御気色を。「我ならば」とや思ふらむ、あぢきなく打ちながめて、うちをば思ひ寄らぬぞ心おくれたりける。
 宮はさすがにわりなく見え給ふものから、心強くて、明け行く気色を、中納言も、えぞ荒立ち給はざりける。「心のほども思し知れ」とにや。「わびし」とおぼしたるを、立ち出で給ふべき心地はせねど、「見る人あらば、ことあり顔にこそは」と、人の御ためいとほしくて、「今より後だに思し知らず顔ならば、心憂くなむ。『なお、辛からむ』とや思しめす。人はかくしも思ひ侍らじ」とて、
  うらむべきかたこそなけれ夏衣うすき隔てのつれなきやなぞ  
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『堤中納言物語』の章を紹介してみる→