堤中納言物語006)貝あはせ

 長月の有明の月に誘はれて、蔵人の少将、指貫つきづきしく引き上げて、ただ一人小舎人童ばかり具して、やがて朝霧も立ち隠しつべく、隙なげなるに、「をかしからむ所の空きたらむもがな」と言ひて歩み行くに、木立をかしき家に、琴の声ほのかに聞こゆるに、いみじう嬉しくなりてめぐり、門の側わきなど、「崩れやある」と見けれど、いみじく築地など全きに、なかなかわびしく、「いかなる人のかく弾き居たるならむ」と、わりなくゆかしけれど、すべきかたもおぼえで、例の、声出いださせて随身にうたはせ給ふ。
  行くかたも忘るるばかり朝ぼらけひきとどむめる琴の声かな  
とうたはせて、まことに、しばし、「内より人や。」と、心ときめきし給へど、さもあらぬは口惜しくて歩み過ぎたれば、いと好ましげなる童べ四五人ばかり走り違ひ、小舎人童、をのこなど、をかしげなる小箱やうの物を捧げ、をかしき文、袖の上にうち置きて出で入る家あり。
 「何わざするならむ」とゆかしくて、人目見はかりて、やをらはひ入りて、いみじくしげき薄の中に立てるに、八九つばかりになる女子のいとをかしげなる、薄色の袙、紅梅などしなだれ着たる、小さき貝を瑠璃の壺に入れて、あなたより走る様のあわただしげなるを、「をかし」と見給ふに、直衣の袖を見て、「ここに人こそあれ。」と、何心もなく言ふに、わびしくなりて、「あなかまよ。聞こゆべき事ありて、いと忍びて参り来たる人ぞ、と寄り給へ」と言へば、「明日の事思ひ侍るに、今よりいとまなくて、そそき侍るぞ」とさへづりかけて、往ぬべく見ゆめり。
 をかしければ、「何ごとのさ忙がしくは思さるるぞ。まろをだに『思さむ』とあらば、いみじうをかしき事も加へてむかし」と言へば、名残なく立ち止まりて、「この姫君、上、外の御方の姫君と『貝合せせさせ給はむ』とて、月頃いみじく集めさせ給ふに、あなたの御方は大輔の君、侍従の君と『貝合せさせ給はむ』とて、いみじく求めさせ給ふなり。まろが御前は、ただ若君一所にて、いみじくわりなくおぼゆれば、ただ今も『姉君の御許に人やらむ』とて。まかりなむ」と言へば、「その姫君たちのうちとけ給ひたらむ、格子のはざまなどにて見せたまへ」といへば、「人に語り給はば。母もこそのたまへ」とおづれば、「物狂ほし。まろはさらに物言はぬ人ぞよ。ただ『人に勝たせ奉らむ、勝たせ奉らじ』は、心ぞよ。いかなるにか。いと、物けぢかく」とのたまへば、よろづおぼえで、「さらば帰り給ふなよ。隠れ作りてすゑ奉らむ。人の起きぬさきに。いざ給へ」とて、西の妻戸に屏風押したたみ寄せたる所にすゑ置くを、「ひがひがしく、やうやうなり行くを、をさなき子を頼みて、見もつけられたらば、よしなかるべきわざぞかし」など、思ひ思ひ、はざまより覗けば、十四五ばかりの子ども見えて、いと若くきびはなるかぎり十二三ばかり、ありつる童のやうなる子どもなどして、手ごとに小箱に入れ、物の蓋に入れなどして、持ち違ひ騒ぐなかに、母屋の簾に添へたる几帳のつま打ち上げて、さし出でたる人、わづかに十三ばかりにやと見えて、額髪のかかりたるほどより始めて、この世のものとも見えず美しきに、萩重ねの織物の袿、紫苑色など押し重ねたる、つらづゑをつきて、いと物なげかしげなり。
 「何事ならむ」と、心苦しく見れば、十ばかりなるをのこの、朽葉の狩衣、二藍の指貫、しどけなく着たる同じやうなる、わづかに、硯の箱よりは見劣りなる紫檀の箱のいとをかしげなるに、えならぬ貝どもを入れて持て寄る。見するままに、「思ひ寄らぬ隈なくこそ。承香殿の御方などに参りて、聞こえさせつれば、これをぞ求め得て侍りつれど、侍従の君の語り侍りつるは、『大輔の君は、藤壺の御方より、いみじく多く賜はりにけり』とて、残るくまなくいみじげなるを、いかにせさせ給はむずらむと、道のままも思ひまうで来つる」とて、顔もつと赤くなりて言ひゐたるに、いとど姫君も心細くなりて、「なかなかなる事を言ひ始めてけるかな。いとかくは思はざりしを、ことごとしくこそ求め給ふなれ」とのたまふに、「などか求め給ふまじき。『上は、内大臣殿のうへの御もとまでぞ、請ひに奉り給ふ』とこそは言ひしか。これにつけても、母のおはせましかば、あはれ、かくは」とて、涙も落としつべき気色をも、をかしと見るほどに、このありつる童、「東の御方渡らせ給ふ。それ隠させ給へ」と言へば、塗り籠めたるところに、皆取り置きつれば、つれなくて居たるに、初めの君よりは、少しおとなびてやと見ゆる人、山吹、紅梅、薄朽葉、あはひよからず着ふくだみて、髪いと美しげにて、たけに少し足らぬなるべし、こよなく後れたりと見ゆ。
 「若君の持ておはしつらむは、など見えぬ。『かねて求めなどはすまじ』と、たゆめ給ふに、すかされ奉りて、よろづはつゆこそ求め侍らずなりにけれど。いと悔しく、少しさりぬべからむものは、分け取らせ給へ」など言ふさま、いみじうしたり顔なるに、にくくなりて、「いかでこなたを勝たせてしがな」と、そぞろに思ひなりぬ。
 この君、「ここにも、ほかまでは求め侍らぬものを。我が君は何をかは」といらへて、居たるさま、うつくし。うち見まはして渡りぬ。このありつるやうなる童、三四人ばかりつれて、「我が母のつねに読み給ひし観音経、わが御前負けさせ奉り給ふな」と、ただこの居たる戸のもとにしも向きて、念じあへる顔をかしけれど、「ありつる童や言ひ出でむ」と思ひ居たるに、立ち走りてあなたに往ぬ。いと細き声にて、
  かひなしとなになげくらむ白波も君がかたには心寄せてむ  
といひたるを、さすがに耳とく聞きつけて、「今かたへに聞き給ひつや」「これは、誰がいふべきぞ」「観音の出で給ひたるなり」「嬉しのわざや。姫君の御前に聞こえむ」と言ひて、さ言ひがてら、恐ろしくやありけむ、連れて走り入りぬ。
 「よしなきことを言ひて、このわたりをや見顕はさむ」と、胸つぶれてさすがに思ひゐたれど、ただいとあわたたしく、「かうかう念じつれば、仏ののたまひつる」と語れば、いと嬉しと思ひたる声にて、「まことかはとよ。恐ろしきまでこそおぼゆれ」とて、つらづゑつきやみて打ち赤みたるまみ、いみじく美しげなり。「いかにぞ、この組入れの上より、ふと物の落ちたらば、まことの仏の御徳とこそ思はめ」など言ひあへるはをかし。
 とく帰りて、いかでこれを勝たせばやと思へど、昼は出づべき方もなければ、すずろによく見暮らして、夕霧に立ち隠れて、紛れ出でてぞ。えならぬ洲浜の三曲がりなるを、うつほに作りて、いみじき小箱を据ゑて、いろいろの貝をいみじく多く入れて、上には白銀、黄金の蛤、うつせ貝など隙なく蒔かせて、手はいと小さくて、
  白波に心を寄せて立ち寄らばかひなきならぬ心寄せなむ  
とて、ひき結びつけて、例の随身に持たせて、まだあかつきに、門のわたりをたたずめば、昨日の子しも走る。うれしくて、「かうぞ。はかり聞こえぬよ」とて、懐よりをかしき小箱を取らせて、「『誰が』ともなくてさし置かせて来給へよ。さて今日の有様のぞかせ給へよ。さらば又々も」と言へば、いみじく喜びて、ただ、「ありし戸口、そこは、まして今日は人もや。あらじ。」とて入りぬ。洲浜、南の高欄に置かせてはひ入りぬ。やをら見通し給へば、ただ同じほどなる若き人ども、二十人ばかり、さうどきて、格子あげそそくめり。この洲浜を見つけて、「あやしく」「誰がしたるぞ」「誰がしたるぞ」といへば、「さるべき人こそなけれ」「思ひ得つ。この昨日の仏のし給へるなめり」「あはれにおはしけるかな」と喜び騒ぐさまの、いと物狂ほしければ、いとをかしくて見ゐ給へりとや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『堤中納言物語』の章を紹介してみる→