堤中納言物語008)はなだの女御

 「そのころのこと」とあまた見ゆる人まねのやうに、かたはらいたけれど、これは聞きしことなればなむ。
 賤しからぬすき者の、いたらぬ所なく、人に許されたる、やむごとなき所にて、物言ひ、懸想せし人は、このごろ里にまかり出でてあなれば、「まことか」と「行きてけしき見む」と思ひて、いみじく忍びて、ただ小舎人童一人して来にけり。近き透垣の前栽に隠れて見れば、夕暮れのいみじくあはれげなるに、簾捲き上げて、「ただ今は見る人もあらじ」と思ひ顔に打ち解けて、皆さまざまにゐて、よろづの物語しつつ、人のうへいふなどもあり。はやりかにうちささめきたるも、また、恥づかしげにのどかなるも、あまたたはぶれ乱れたるも、今めかしうをかしきほどかな。
 「かの前栽どもを見給へ。池の蓮の露は玉とぞ見ゆる」と言ふが前に、濃き単衣、紫苑色の袿、薄色の裳ひきかけたるは、ある人の局にて見し人なめり。童の、大きなる、小さきなど縁に居たる、皆見し心地す。
 「御方こそ、この花はいかが御覧ずる」と言へば、「いざ、人々にたとへむ」とて、命婦の君、「かの蓮の花は、まろが女院のわたりにこそ似奉りたれ」とのたまへば、大君、「下草の竜胆はさすがなめり。一品の宮と聞こえむ」。
 中の君、「ぎぼうしは太后の宮にもなどか」。
 三の君、「紫苑は、はなやかなれば、皇后宮の御さまにもがな」。
 四の君、「中宮は、父大臣に、ぎきやうを読ませつつ、祈りがちなめれば、それにもなどか似させ給はざらむ」。
 五の君、「四条の宮の女御、『露草の露にうつろふ』とかや、明け暮れのたまはせしこそ、まことに見えしか」。
 六の君、「垣穂のなでしこは、承香殿と聞こえまし」。
 七の君、「刈萱のなまめかしき様にこそ、弘徽殿はおはしませ」。
 八の君、「宣耀殿は菊と聞こえさせむ。宮の御おぼえなるべきなめり」。
 九の君、「麗景殿は、花薄と見え給ふ御さまぞかし」と言へば、十の君、「淑景舎は『朝顔の昨日の花』と嘆かせ給ひしこそ、ことわりと見奉りしか」。
 五節の君、「御匣殿は野辺の秋萩とも聞こえつべかめり」。
 東の御方、「淑景舎の御おととの三の君、あやまりたることはなけれど、萱草にぞ似させ給へる」。
 いとこの君、「その御おととの四の君は、くさのかうと、いざ聞こえむ」。
 姫君、「右大臣殿の中の君は、見れども飽かぬ女郎花のけはひこそし給へれ」。
 西の御方、「帥の宮の御上、葉笹にや似させ給へる」。
 祖母君、「右大臣殿の姫君は、われもかうに劣らじ顔にぞおはします」などいひおはさうずれば、尼君、「斎院、五葉と聞こえ侍らむ。かはらせ給はざむめればよ。罪を離れむとて、かかるさまにて、久しくこそなりにけれ」とのたまへば、北の方、「さて、斎宮をば、何とか定め聞こえ給ふ」と言へば、小命婦の君、「をかしきは、皆取られ奉りぬれば。さむばれ、軒端の山菅に聞こえむ。まことや、まろが見奉る帥の宮のうへをば、芭蕉葉と聞こえむ」。
 嫁の君、「中務の宮の上をば、招く尾花と聞こえむ」など聞こえおはさうずるほどに、日暮れぬれば、燈籠に火ともさせて、添ひ臥したるも、「はなやかに、めでたくもおはしますものかな」と、あはれ、しばしは、めでたかりしことぞかし。
  世の中のうきを知らぬと思ひしににはかに物はなげかしきかな  
命婦の君は、「蓮のわたりも、この御かたちも、この御方など、いづれまさりて思ひ聞こえ侍らむ。にくき枝おはせかし。
  はちす葉の心ひろさの思ひにはいづれとわかず露ばかりにも  
」。
 六の君、はやりかなる声にて、「撫子を、常夏におはします、といふこそうれしけれ。
  常夏に思ひしげしとみな人はいふなでしこと人は知らなむ  
」とのたまへば、七の君、したりがほにも、「
  刈萱のなまめかしさの姿にはそのなでしこもおとるとぞ聞く  
」とのたまへば、みな人々も笑ふ。
 八の君、「まろが菊の御方こそ、ともかくも人に言はれ給はね。
  植ゑしよりしげりましにし菊の花人におとらで咲きぬべきかな  
」とあれば、九の君、「うらやましくもおはするかな。
  秋の野のみだれて招く花すすき思はむかたになびかざらめや  
」。
 十の君、「まろが御前こそ。怪しきことにて、くらされて」など、いとはかなくて、「
  朝顔のとくしぼみぬる花なれど明日も咲くかと頼まるるかな  
」とのたまふに、おどろかれて、五の君、「うち臥したれば、はや寝入りにけり。何ごとのたまへるぞ。まろは華やかなる所にし候はねば、よろづ心細くもおぼゆるかな。
  たのむ人露草ことに見ゆめれば消えかへりつつ嘆かるるかな  
」と、寝おびれたる声にて、また寝るを人々笑ふ。
 女郎花の御方、「いたく暑くこそあれ」とて、扇を使ふ。「いかに。とく参りなむ。恋しくこそおはしませ。
  みな人も飽かぬにほひを女郎花よそにていとど嘆かるるかな  
」。
 夜いたく更けぬれば、皆、寝入りぬるけはひを聞きて、「
  秋の野の千草の花によそへつつなほ色ごとに見るよしもがな  
」とうちうそぶきたれば、「あやし。誰がいふぞ」「おぼえなくこそ」と言へば、「人は、ただ今は、いかがあらむ」「鵺の鳴きつるにやあらむ。忌むなるものを」といへば、はやりかなる声にて、「をかしくも言ふかな。鵺は、いかでか、かくもうそぶかむ。いかにぞや。聞き給ひつや」と。所々聞き知りて、うち笑ふあり。
 やや久しくありて、物言ひやむほど、「
  思ふ人見しも聞きしもあまたありておぼめく声はありと知らぬか  

 「このすき者聞きけり。あなかま」とて、物も言はねば、簀子に入りぬめり。「あやし。いかなるぞ。一所だに『あはれ』とのたまはせよ」など言へば、いかにかあらむ、絶えて答へもせぬほどに、暁になりぬる空のけしきなれば、「まめやかに、見し人とも思したらぬ御なごりどもかな。見も知らぬふりめかしうも、もてなし給ふものかな」とて、
  百かさね濡れ馴れにたる袖なれど今宵やまさりひぢて帰らむ  
とて、出づる気色なり。例の、いかになまめかしう、やさしき気色ならむ。いらへやせましと思へど、「あぢきなく、ひとへ心に」とぞ思ひける。
 この女たちの親、賤しからぬ人なれど、いかに思ふにか、宮仕へに出だし立てて、殿ばら、宮ばら、女御たちの御もとに、一人づつ参らせたるなりけり。同じ兄弟ともいはせで、こと人の子になしつつぞありける。この殿ばらの女御たちは、皆いどませ給ふ御中に、同じ兄弟の分れて候ふぞ怪しきや。皆思して候ふは、知らせ給はぬにやあらむ。すき者は、この御有様ども聞き、うれしと思ひ、至らぬ所なければ、この人どもも知らぬにしもあらず。
 かの女郎花の御方と言ひし人は、声ばかりを聞きて、心ざし深く思ひし人なり。撫子の御人といひしは、むつましくもありしを、いかなるにか、「見つともいふな」と誓はせて、またも見ずなりし。刈萱の御人は、いみじくけしきだちて、物言ふ答へをのみして、辛うじてとらへつべき折は、いみじくすかし謀る折のみあれば、いみじくねたしと思ふなりけり。
 菊の御人は、言ひなどはせしかど、ことに眞帆にはあらで、ただ、「そま山に」とばかり、ほのかに言ひて、ゐざり入りしけはひなむ、いみじかりし。
 花薄の人は、思ふ人もまたありしかば、いみじくつつみて、ただ夢の様なりし宿世のほども、あはれにおぼゆ。
 蓮の御人は、いみじく思ひ頼めて、「さらば」と契りしに、騒がしきことのありしかば、引き放ちて入りにしを、いみじと思ひながら許してき。
 紫苑の御人は、いみじく語らひて、今にむつましかるべし。
 朝顔の人は、若うにほひやかに愛敬づきて、常に遊び敵にてはあれど、名残なくこそ。
 桔梗は、常に恨むれば、「さわがぬ水ぞ」と言ひたりしかば、「澄まぬに見ゆる」と言ひし、にくからず。いづれも知らぬは少なくぞありける。
 その中にも、女郎花のいみじくをかしく、ほのかなりし声ぞ、今に。「いかで、ただよそにて語らはむ」と思ふに。心にくく、「今一度ゆかしき声を、いかならむ」と思ふも、定めたる心なくぞありくなる。
 いたらぬ里人などの、いともて離れて言ふ人をば、いとをかしく言ひ語らひ、かしこく言ひ、いみじく語らへば、しばしこそあれ。顔容貌の、見るになどかくはある。物言ひたるありさまなども。この人にはからるる人、いと多かり。宮仕へ人、さならぬ人の女などもはからるるあり。
 内裏にも参らでつれづれなるに、かの聞きしことをぞ。「その女御、かの宮とて、のどかには」「かの君こそ容貌をかしかなれ」など、心に思ふこと、歌など書きつつ、手習にしたりけるを、また人の取りて書きうつしたれば、あやしくもあるかな。
 これら、作りたるさまもおぼえず、よしなき物のさまかな。そら言にもあらず。世の中にそら物語多かれば、まこととしもや思はざるらむ。これ思ふこそねたけれ。多くは容貌、しつらひなども、この人の言ひ心がけたるなめり。誰ならむ。この人を知らばや。
 殿上には、ただ今これをぞ、あやしくをかしと言はれ給ふなる。
 かの女たちは、ここには親族おほくて、かく、日どりて参りりつつ、心々に任せて逢ひて、かくをかしく、殿のこと、言ひ出でたるこそをかしけれ。
 それもこのわたり、いと近くぞあんなる。もし知り給へる人あらば、その人と書きつけ給ふべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『堤中納言物語』の章を紹介してみる→