堤中納言物語011)冬ごもる

 冬ごもる空のけしきに、しぐるるたびにかき曇る袖の晴れ間は、秋よりことに乾く間なきに、むら雲はれゆく月のことに光さやけきは、木の葉がくれだになければにや、なほはしのばれぬなるべし、あくがれ出で給ひて、「あるまじきこと」と思ひかへせば、「ほかざまに」と思ひ立たせたまふが、なほえ引き過ぎぬなるべし。いと忍びやかに入りて、あまた人のけはひする方に、うちとけゐたらむ気色もゆかしく、さりとも、みづからの有様ばかりこそあらめ、何ばかりのもてなしにもあらじを、おほかたのけはひにつけても。・・・(以下、断章)・・・
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『堤中納言物語』の章を紹介してみる→