『宇治拾遺物語』目次

・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→

宇治拾遺物語(序)
宇治拾遺物語(巻一 一)001道命阿闍梨和泉式部の許において読経し五条の道祖神聴聞の事
宇治拾遺物語(巻一 二)002丹波国篠村平茸生ふる事
宇治拾遺物語(巻一 三)003鬼に瘤取らるる事
宇治拾遺物語(巻一 四)004伴大納言の事
宇治拾遺物語(巻一 五)005随求陀羅尼額に籠むる法師の事
宇治拾遺物語(巻一 六)006中納言師時法師の玉茎検知の事
宇治拾遺物語(巻一 七)007龍門の聖鹿にかはらんと欲する事
宇治拾遺物語(巻一 八)008易の占ひして金取り出す事
宇治拾遺物語(巻一 九)009宇治殿倒れさせ給ひて実相房僧正験者に召さるる事
宇治拾遺物語(巻一 十)010秦兼久通俊卿のもとに向かひて悪口の事
宇治拾遺物語(巻一 十一)011源大納言雅俊一生不犯の鐘打たせたる事
宇治拾遺物語(巻一 十二)012児の掻餅するに空寝したる事
宇治拾遺物語(巻一 十三)013田舎の児桜の散るを見て泣く事
宇治拾遺物語(巻一 十四)014小藤太聟におどされたる事
宇治拾遺物語(巻一 十五)015大童子鮭盗みたる事
宇治拾遺物語(巻一 十六)016尼地蔵見奉る事
宇治拾遺物語(巻一 十七)017修行者百鬼夜行にあふ事
宇治拾遺物語(巻一 十八)018利仁芋粥の事
宇治拾遺物語(巻二 一)019清徳聖奇特の事
宇治拾遺物語(巻二 二)020静観僧正雨を祈る法験の事
宇治拾遺物語(巻二 三)021同僧正大嶽の岩祈り失ふ事
宇治拾遺物語(巻二 四)022金峯山薄打の事
宇治拾遺物語(巻二 五)023用経荒巻の事
宇治拾遺物語(巻二 六)024厚行死人を家より出す事
宇治拾遺物語(巻二 七)025鼻長き僧の事
宇治拾遺物語(巻二 八)026晴明蔵人少将を封ずる事
宇治拾遺物語(巻二 九)027季通事に逢はむと欲する事
宇治拾遺物語(巻二 十)028袴垂保昌に合ふ事
宇治拾遺物語(巻二 十一)029明衡殃に合はんと欲する事
宇治拾遺物語(巻二 十二)030唐卒都婆に血付く事
宇治拾遺物語(巻二 十三)031成村強力の学士に逢ふ事
宇治拾遺物語(巻二 十四)032柿の木に仏現ずる事
宇治拾遺物語(巻三 一)033大太郎盗人の事
宇治拾遺物語(巻三 二)034藤大納言忠家物言ふ女放屁の事
宇治拾遺物語(巻三 三)035小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
宇治拾遺物語(巻三 四)036山伏舟祈り返す事
宇治拾遺物語(巻三 五)037鳥羽僧正国俊と戯れの事
宇治拾遺物語(巻三 六)038絵仏師良秀家の焼を見て悦ぶ事
宇治拾遺物語(巻三 七)039虎の鰐取りたる事
宇治拾遺物語(巻三 八)040樵夫歌の事
宇治拾遺物語(巻三 九)041伯の母の事
宇治拾遺物語(巻三 十)042同人仏事の事
宇治拾遺物語(巻三 十一)043藤六の事
宇治拾遺物語(巻三 十二)044多田新発意郎等の事
宇治拾遺物語(巻三 十三)045因幡国別当地蔵造りさす事
宇治拾遺物語(巻三 十四)046伏見修理大夫俊綱の事
宇治拾遺物語(巻三 十五)047長門前司の女葬送の時本所に帰る事
宇治拾遺物語(巻三 十六)048雀報恩の事
宇治拾遺物語(巻三 十七)049小野篁広才の事
宇治拾遺物語(巻三 十八)050平貞文本院侍従の事
宇治拾遺物語(巻三 十九)051一条摂政歌の事
宇治拾遺物語(巻三 二十)052狐、家に火つくる事
宇治拾遺物語(巻四 一)053狐人に憑きてしとぎ食ふ事
宇治拾遺物語(巻四 二)054左渡国に金ある事
宇治拾遺物語(巻四 三)055薬師寺の別当の事
宇治拾遺物語(巻四 四)056妹背島の事
宇治拾遺物語(巻四 五)057石橋の下の蛇の事
宇治拾遺物語(巻四 六)058東北院の菩提講の聖の事
宇治拾遺物語(巻四 七)059三河入道遁世の間の事
宇治拾遺物語(巻四 八)060進命婦清水参りの事
宇治拾遺物語(巻四 九)061業遠朝臣蘇生の事
宇治拾遺物語(巻四 十)062篤昌忠恒等の事
宇治拾遺物語(巻四 十一)063後朱雀院丈六の仏作り奉り給ふ事
宇治拾遺物語(巻四 十二)064式部大輔実重賀茂の御体拝見の事
宇治拾遺物語(巻四 十三)065智海法印癩人法談の事
宇治拾遺物語(巻四 十四)066白河院御寝の時物に襲はれさせ給ふ事
宇治拾遺物語(巻四 十五)067永超僧都魚食ふ事
宇治拾遺物語(巻四 十六)068了延に実因湖水の中より法文の事
宇治拾遺物語(巻四 十七)069慈恵僧正戒壇築きたる事
宇治拾遺物語(巻五 一)070四宮河原地蔵の事
宇治拾遺物語(巻五 二)071伏見修理大夫の許へ殿上人共行き向かふ事
宇治拾遺物語(巻五 三)072以長物忌の事
宇治拾遺物語(巻五 四)073範久阿闍梨西方を後にせざる事
宇治拾遺物語(巻五 五)074陪従家綱行綱兄弟互ひに謀りたる事
宇治拾遺物語(巻五 六)075陪従清仲の事
宇治拾遺物語(巻五 七)076仮名暦誂へたる事
宇治拾遺物語(巻五 八)077実子にあらざる人に実子のよししたる事
宇治拾遺物語(巻五 九)078御室戸僧正の事一乗寺僧正の事
宇治拾遺物語(巻五 十)079ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
宇治拾遺物語(巻五 十一)080仲胤僧都地主権現説法の事
宇治拾遺物語(巻五 十二)081大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
宇治拾遺物語(巻五 十三)082山の横川の賀能地蔵の事
宇治拾遺物語(巻六 一)083広貴、妻の訴へにより閻魔王宮へ召さるる事
宇治拾遺物語(巻六 二)084世尊寺に死人を掘り出す事
宇治拾遺物語(巻六 三)085留志長者の事
宇治拾遺物語(巻六 四)086清水寺に二千度参詣する者双六に打ち入るる事
宇治拾遺物語(巻六 五)087観音経蛇に化し人を輔け給ふ事
宇治拾遺物語(巻六 六)088賀茂社より御幣紙米等給ふ事
宇治拾遺物語(巻六 七)089信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
宇治拾遺物語(巻六 八)090帽子の叟孔子と問答の事
宇治拾遺物語(巻六 九)091僧伽多羅刹国に行く事
宇治拾遺物語(巻七 一)092五色の鹿の事
宇治拾遺物語(巻七 二)093播磨守為家の侍、佐多の事
宇治拾遺物語(巻七 三)094三条中納言水飯の事
宇治拾遺物語(巻七 四)095検非違使忠明事の事
宇治拾遺物語(巻七 五)096長谷寺参籠の男、利生に預かる事
宇治拾遺物語(巻七 六)097小野宮大饗事、付西宮殿富小路大臣等大饗の事
宇治拾遺物語(巻七 七)098式成満則員等三人召され滝口弓芸の事
宇治拾遺物語(巻八 一)099大膳大夫以長前駆の間の事
宇治拾遺物語(巻八 二)100下野武正大風雨の日法性寺殿に参る事
宇治拾遺物語(巻八 三)101信濃国の聖の事
宇治拾遺物語(巻八 四)102敏行の朝臣の事
宇治拾遺物語(巻八 五)103東大寺華厳会の事
宇治拾遺物語(巻八 六)104猟師仏を射る事
宇治拾遺物語(巻八 七)105千手院僧正、仙人に逢ふ事
宇治拾遺物語(巻九 一)106滝口道則、術を習ふ事
宇治拾遺物語(巻九 二)107宝志和尚、影の事
宇治拾遺物語(巻九 三)108越前敦賀の女、観音助け給ふ事
宇治拾遺物語(巻九 四)109くうすけが仏供養の事
宇治拾遺物語(巻九 五)110つねまさが郎等、仏供養の事
宇治拾遺物語(巻九 六)111歌詠みて罪を免るる事
宇治拾遺物語(巻九 七)112大安寺別当女に嫁する男、夢見る事
宇治拾遺物語(巻九 八)113博打の子、聟入の事
宇治拾遺物語(巻十 一)114伴大納言、応天門を焼く事
宇治拾遺物語(巻十 二)115放鷹楽明暹に是季が習ふ事
宇治拾遺物語(巻十 三)116堀河院明暹に笛吹かさせ給ふ事
宇治拾遺物語(巻十 四)117浄蔵が八坂の坊に強盗入る事
宇治拾遺物語(巻十 五)118播磨守の子佐大夫が事
宇治拾遺物語(巻十 六)119東人生贄を止むる事
宇治拾遺物語(巻十 七)120豊前王の事
宇治拾遺物語(巻十 八)121蔵人頓死のこと
宇治拾遺物語(巻十 九)122小槻当平の事
宇治拾遺物語(巻十 十)123海賊発心出家の事
宇治拾遺物語(巻十一 一)124青常事
宇治拾遺物語(巻十一 二)125保輔盗人たる事
宇治拾遺物語(巻十一 三)126晴明を試みる僧の事
宇治拾遺物語(巻十一 三)127晴明、蛙殺す事
宇治拾遺物語(巻十一 四)128河内守頼信、平忠恒を攻むる事
宇治拾遺物語(巻十一 五)129白河法皇、北面受領の下りのまねの事
宇治拾遺物語(巻十一 六)130蔵人得業猿沢の池の龍の事
宇治拾遺物語(巻十一 七)131清水寺御帳給はる女の事
宇治拾遺物語(巻十一 八)132則光盗人を斬る事
宇治拾遺物語(巻十一 九)133空入水したる僧の事
宇治拾遺物語(巻十一 十)134日蔵上人吉野山にて鬼にあふ事
宇治拾遺物語(巻十一 十一)135丹後守保昌、下向の時致経の父に逢ふ事
宇治拾遺物語(巻十一 十二)136出家功徳の事
宇治拾遺物語(巻十二 一)137達磨天竺僧の行ひ見る事
宇治拾遺物語(巻十二 二)138提婆菩薩、龍樹菩薩の許に参る事
宇治拾遺物語(巻十二 三)139慈恵僧正受戒の日延引の事
宇治拾遺物語(巻十二 四)140内記上人、法師陰陽師の紙冠を破る事
宇治拾遺物語(巻十二 五)141持経者叡實効験の事
宇治拾遺物語(巻十二 六)142空也上人の臂観音院僧正祈り直す事
宇治拾遺物語(巻十二 七)143増賀上人三条の宮に参り振舞の事
宇治拾遺物語(巻十二 八)144聖宝僧正、一条大路渡る事
宇治拾遺物語(巻十二 九)145穀断聖、不実露顕の事
宇治拾遺物語(巻十二 十)146季直少将、歌の事
宇治拾遺物語(巻十二 十一)147樵夫の小童、隠し題の歌詠む事
宇治拾遺物語(巻十二 十二)148高忠侍歌よむ事
宇治拾遺物語(巻十二 十三)149貫之歌の事
宇治拾遺物語(巻十二 十四)150東人の歌よむ事
宇治拾遺物語(巻十二 十五)151河原の院に融公の霊住む事
宇治拾遺物語(巻十二 十六)152八歳の童、孔子問答の事
宇治拾遺物語(巻十二 十七)153鄭太尉の事
宇治拾遺物語(巻十二 十八)154貧しき俗、仏性を観じて富める事
宇治拾遺物語(巻十二 十九)155宗行の郎等虎を射る事
宇治拾遺物語(巻十二 二十)156遣唐使の子、虎に食はるる事
宇治拾遺物語(巻十二 二一)157或る上達部、中将の時召人に逢ふ事
宇治拾遺物語(巻十二 二二)158陽成院妖物の事
宇治拾遺物語(巻十二 二三)159水無瀬殿[鼠吾]の事
宇治拾遺物語(巻十二 二四)160一條桟敷屋鬼の事
宇治拾遺物語(巻十三 一)161上緒の主金を得る事
宇治拾遺物語(巻十三 二)162元輔落馬の事
宇治拾遺物語(巻十三 三)163俊宣、迷はし神にあふ事
宇治拾遺物語(巻十三 四)164亀を買ひて放つ事
宇治拾遺物語(巻十三 五)165夢を買ふ人の事
宇治拾遺物語(巻十三 六)166大井光遠の妹強力の事
宇治拾遺物語(巻十三 七)167ある唐人、女の羊に生りたる知らずして殺す事
宇治拾遺物語(巻十三 八)168出雲寺別当、父鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
宇治拾遺物語(巻十三 九)169念仏の僧魔往生の事
宇治拾遺物語(巻十三 十)170慈覚大師、纐纈城に入り給ふ事
宇治拾遺物語(巻十三 十一)171渡天の僧穴に入る事
宇治拾遺物語(巻十三 十二)172寂昭上人鉢を飛す事
宇治拾遺物語(巻十三 十三)173清瀧川の聖の事
宇治拾遺物語(巻十三 十四)174優婆崛多の弟子の事
宇治拾遺物語(巻十四 一)175海雲比丘の弟子童の事
宇治拾遺物語(巻十四 二)176寛朝僧正、勇力の事
宇治拾遺物語(巻十四 三)177経頼、蛇に逢ふ事
宇治拾遺物語(巻十四 四)178魚養の事
宇治拾遺物語(巻十四 五)179新羅国の后金の榻の事
宇治拾遺物語(巻十四 六)180玉の価はかりなき事
宇治拾遺物語(巻十四 七)181北面の女雜仕六の事
宇治拾遺物語(巻十四 八)182仲胤僧都連歌の事
宇治拾遺物語(巻十四 九)183大将慎みの事
宇治拾遺物語(巻十四 十)184御堂関白の御犬、晴明等奇特の事
宇治拾遺物語(巻十四 十一)185高階俊平が弟の入道算術の事
宇治拾遺物語(巻十五 一)186清見原天皇、大友皇子と合戦の事
宇治拾遺物語(巻十五 二)187頼時が胡人見たる事
宇治拾遺物語(巻十五 三)188賀茂祭の帰り武正兼行御覧の事
宇治拾遺物語(巻十五 四)189門部府生、海賊射かへす事
宇治拾遺物語(巻十五 五)190土佐判官代通清、人違ひして関白殿に参り合ふ事
宇治拾遺物語(巻十五 六)191極楽寺僧仁王経の験を施す事
宇治拾遺物語(巻十五 七)192伊良縁野世恒、毘沙門の御下文を給はる事
宇治拾遺物語(巻十五 八)193相応和尚、都卒天に上ぼる事 附・染殿の后祈り奉る事
宇治拾遺物語(巻十五 九)194仁戒上人往生の事
宇治拾遺物語(巻十五 十)195秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
宇治拾遺物語(巻十五 十一)196後の千金の事
宇治拾遺物語(巻十五 十二)197盗跖と孔子と問答の事