宇治拾遺物語(巻一 一)001道命阿闍梨和泉式部の許において読経し五条の道祖神聴聞の事

 今は昔、道命阿闍梨とて、傅殿の子に色に耽りたる僧ありけり。和泉式部に通ひけり。経をめでたく読みけり。それが和泉式部がり行きて臥したりけるに、目覚めて経を心すまして読みけるほどに、八巻読み果てて、暁にまどろまんとするほどに、人のけはひのしければ、「あれは誰ぞ」と問ひければ、「おのれは五条西洞院の辺に候ふ翁に候ふ」と答へければ、「こは何事ぞ」と道命言ひければ、「この御経を今宵承りぬる事の、生々世々忘れがたく候ふ」と言ひければ、道命、「法華経を読み奉る事は常の事なり。など今宵しもいはるるぞ」と言ひければ、五条の斎いはく、「清くて読み参らせ給ふ時は、梵天、帝釈を始め奉りて聴聞せさせ給へば、翁などは近づき参りて承るに及び候はず。今宵は御行水も候はで読み奉らせ給へば、梵天、帝釈も御聴聞候はぬひまにて、翁参り寄りて承りて候ひぬる事の忘れがたく候ふなり」と宣ひけり。されば、はかなく、さは読み奉るとも、清くて読み奉るべき事なり。「仏念、読経、四威儀を破る事なかれ」と、恵心の御坊も戒め給ふにこそ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→