宇治拾遺物語(巻一 四)004伴大納言の事

  これも今は昔、伴大納言善男は、佐渡国郡司従者なり。かの国にて善男夢に見るやう、西大寺東大寺とをまたげて立ちたりと見て、の女にこのを語る。妻のいはく、「そこのこそかれんずらめ」と合はするに、善男驚きて、「よしなき事を語りてけるかな」と恐れ思ひて、の郡司が家へ行き向ふ所に、郡司、きはめたる相人なりけるが、日ごろはさもせぬに、ことの饗応して円座取り出で、向ひて召しのぼせければ、善男あやしみをなして、「我をすかしのぼせて、妻の言ひつるやうに股など裂かんずるやらん」と恐れ思ふほどに、郡司がいはく、「、やんごとなき高相の夢見てけり。それに、よしなき人に語りてけり。必ず大位にはいたるとも、事出で来て罪をかうぶらんぞ」と言ふ。
  、善男、につきて京上りして大納言にいたる。されどもなほ罪をかうぶる。郡司が言葉にはず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→