宇治拾遺物語(巻一 五)005随求陀羅尼額に籠むる法師の事

  これも今は昔、人のもとに、ゆゆしくことごとしくひ、法螺貝腰につけ、錫杖つきなどしたる山伏の、ことごとしげなるが入り来て、侍の立蔀の内の小庭に立ちけるを、侍、「あれはいかなる御坊ぞ」と問ひければ、「これは、日ごろ白山りつるが、御嶽へ参りていま二千日はんとり候ひつるが、斎料尽きて侍り。まかりあづからんと申しあげへ」と言ひて立てり。見れば、の間のほどに、髪際に寄りて二寸ばかり傷あり。いまだなまいえにて赤みたり。侍、問うて言ふやう、「その額の傷はいかなる事ぞ」と問ふ。山伏、いとたふとたふとしく声をなして言ふやう、「これは随求陀羅尼をこめたるぞ」とこたふ。侍の者ども、「ゆゆしき事にこそ侍れ。手足の指など切りたるはあまた見ゆれども、額わりて陀羅尼こめたるこそ見るとも覚えね」と言ひ合ひたるほどに、十七八ばかりなる小侍のふと走り出でて、うち見て、「あな、かたはらいたの法師や。なんでふ随求陀羅尼をこめんずるぞ。あれは、七条町に、江冠者が家の、大東鋳物師をみそかみそかに入りし入り臥しせしほどに、去年の夏入り臥したりけるに、の鋳物師帰り合ひたりければ、取る物も取りあへず逃げて西へ走りしが、冠者が家のまへほどにて追ひつめられて、さひづゑして額打ちわられたりしぞかし。冠者も見しは」と言ふを、「あさまし」と人ども聞きて、山伏が顔を見れば、少しも事と思ひたる景色もせず、少しまのししたるやうにて、「そのついでにこめたるぞ」とつれなう言ひたる時に、集まれる人ども一度に「は」と笑ひたるまぎれに、逃げていにけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→