宇治拾遺物語(巻一 十)010秦兼久通俊卿のもとに向かひて悪口の事

 今は昔、治部卿通俊卿、後拾遺を撰ばれける時、秦兼久、行き向かひて、おのづから歌などや入ると思ひて、うかがひけるに、治部卿いで会ひて、物語して、「いかなる歌かよみたる」と言はれければ、「はかばかしき歌候はず。後三条院かくれさせ給ひてのち、円宗寺に参りて候ひしに、花のにほひは、昔にも変はらず侍りしかば、つかうまつりて候ひしなり」とて、「
  こぞ見しに色も変はらず咲きにけり花こそものは思はざりけれ  
とこそつかうまつりて候ひしか」と言ひければ、通俊卿、「よろしくよみたり。ただし、『けれ、けり、ける』などいふことは、いとしもなき言葉なり。それはさることにて、『花こそ』といふ文字こそ、女の童などの名にしつべけれ」とて、いともほめられざりければ、言葉少なにて、立ちて、侍どもありける所に寄りて、「この殿は、おほかた、歌のありさま知り給はぬにこそ。かかる人の撰集承りておはするは、あさましきことかな。四条大納言の歌に、
  春来てぞ人も訪ひける山里は花こそ宿のあるじなりけれ  
とよみ給へるは、めでたき歌とて、世の人口にのりて申すめるは。その歌に、『人も訪ひける』とあり、また『宿のあるじなりけれ』とあめるは。『花こそ』と言ひたるは、それには同じさまなるに、いかなれば四条大納言のはめでたくて、兼久がはわろかるべきぞ。かかる人の、撰集承りて撰び給ふ、あさましきことなり」と言ひて、いでにけり。
 侍、通俊のもとへ行きて、「兼久こそ、かうかう申して、いでぬれ」と語りければ、治部卿、うちうなづきて、「さりけり、さりけり。ものな言ひそ」とぞ言はれける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→