宇治拾遺物語(巻一 十三)013田舎の児桜の散るを見て泣く事

 これも今は昔、田舎の児比叡の山へ登りたりけるが、桜のめでたく咲きたりけるに、風のはげしく吹きけるを見て、この児さめざめと泣きけるを見て、僧のやはら寄りて、「などかうは泣かせ給ふぞ。この花の散るを惜しう覚えさせ給ふか。桜ははかなきものにて、かく程なくうつろひ候ふなり。されどもさのみぞ候ふ」と慰めければ、「桜の散らんはあながちにいかがせん、苦しからず。我が父の作りたる麦の花散りて実の入らざらん思ふがわびしき」と言ひて、さくりあげて、よよと泣きければ、うたてしやな。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→