宇治拾遺物語(巻一 十四)014小藤太聟におどされたる事

  これも今は昔、源大納言定房と言ひける人のもとに、小藤太といふ侍ありけり。やがて女房にあひしてぞありける。むすめも女房にてつかはれけり。この小藤太は殿の沙汰をしければ、三とほり四とほりに居広げてぞありける。この女の女房に生良家子の通ひけるありけり。に忍びてへ入りにけり。より雨降りて、え帰らでしたりけり。このの女房は上へのぼりにけり。このの君、屏風を立てまはして寝たりける。春雨いつとなく降りて、帰るべきやうもなく臥したりけるに、このの小藤太、この聟の君つれづれにておはすらんとて、折敷ゑて持ちて、今片手にに酒を入れて、「より入らんは人見つべし」と思ひて、奥の方よりさりげなくて持て行くに、この聟の君は、を引きかづきてのけざまに臥したりけり。「この女房のとくりよかし」と、つれづれに思ひて臥したりけるほどに、奥の方より遣戸をあけければ、疑ひなくこの女房の上より下るるぞと思ひて、衣をば顔にかづきながら、あの物をかき出して、腹をそらして、けしけしと起こしければ、小藤太おびえてのけされかへりける程に、肴もうち散らし、酒もさながらうちこぼして、大ひさげをささげてのけさまに臥して倒れたり。う打ちて、まくれ入りて臥せりけりとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→