宇治拾遺物語(巻一 十六)016尼地蔵見奉る事

 今は昔、丹後国に老尼ありけり。地蔵菩薩は暁ごとに歩き給ふといふ事をほのかに聞きて、暁ごとに地蔵見奉らんとて、ひと世界を惑ひ歩くに、博打の打ちほうけてゐたるが見て、「尼君は、寒きに何わざし給ふぞ」と言へば、「地蔵菩薩の暁に歩き給ふなるに、あひ参らせんとて、かく歩くなり」と言へば、「地蔵の歩かせ給ふ道は我こそ知りたれ。いざ給へ、あはせ参らせん」と言へば、「あはれ、うれしき事かな。地蔵の歩かせ給はん所へ我を率ておはせよ」と言へば「我に物を得させ給へ。やがて率て奉らん」と言ひければ、「この着たる衣奉らん」と言へば、「さは、いざ給へ」とて隣なる所へ率て行く。
 尼、悦びて急ぎ行くに、そこの子にぢざうといふ童ありけるを、それが親を知りたりけるによりて、「ぢざうは」と問ひければ、親、「遊びに去ぬ。今来なん」と言へば、「くは、ここなり。ぢざうのおはします所は」と言へば、尼、うれしくて紬の衣を脱ぎて取らすれば、博打は急ぎて取りて去ぬ。
 尼は「地蔵見参らせん」とてゐたれば、親どもは心得ず、「などこの童を見んと思ふらん」と思ふほどに、十ばかりなる童の来たるを、「くは、ぢざうよ」と言へば、尼見るままに是非も知らず臥しまろびて拝み入りて、土にうつぶしたり。童、すはえを持て遊びけるままに来たりけるが、そのすはえして手すさびのやうに額をかけば、額より顔の上まで裂けぬ。裂けたる中よりえもいはずめでたき地蔵の御顔見え給ふ。尼、拝み入りてうち見あげたれば、かくて立ち給へれば、涙を流して拝み入り参らせて、やがて極楽へ参りけり。
 されば心にだにも深く念じつれば、仏も見え給ふなりけりと信ずべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→