宇治拾遺物語(巻一 十七)017修行者百鬼夜行にあふ事

 今は昔、修行者のありけるが、津の国まで行きたりけるに、日暮れて、竜泉寺とて大きなる寺の古りたるが人もなきありけり。これは人宿らぬ所といへども、そのあたりにまた宿るべき所なかりければ、いかがせんと思ひて、笈打ちおろして内に入りてけり。
 不動の呪を唱へてゐたるに、夜中ばかりにやなりぬらんと思ふほどに、人々の声あまたして、来る音すなり。見れば、手ごとに火をともして、人百人ばかり、この堂の内に来集ひたり。近くて見れば、目一つつきたりなどさまざまなり。人にもあらず、あさましき者どもなりけり。あるいは角生ひたり。頭もえもいはず恐ろしげなる者どもなり。恐ろしと思へども、すべきやうなくてゐたれければ、おのおのみなゐぬ。一人ぞまた所もなくてえゐずして、火をうち振りて我をつらつらと見ていふやう、「我がゐるべき座に新しき不動尊こそゐ給ひたれ。今夜ばかりは外におはせ」とて、片手して我を引きさげて堂の縁の下に据ゑつ。さるほどに、「暁になりぬ」とて、この人々ののしりて帰りぬ。
 「まことにあさましく恐ろしかりける所かな、とく夜の明けよかし。去なん」と思ふに、からうじて夜明けたり。うち見まはしたれば、ありし寺もなし。はるばるとある野の来し方も見えず。人の踏み分けたる道も見えず。行くべき方もなければ、あさましと思ひてゐたるほどに、まれまれ馬に乗りたる人どもの、人あまた具して出来たり。いとうれしくて、「ここはいづくとか申し候ふ」と問へば、「などかくは問ひ給ふぞ。肥前国ぞかし」と言へば、「あさましきわざかな」と思ひて、事のさま詳しくいへば、この馬なる人も「いと希有の事かな。肥前国にとりてもこれは奥の郡なり。これは御館へ参るなり」と言へば、修行者悦びて、「道も知り候はぬに、さらば道までも参らん」と言ひて行きければ、これより京へ行くべき道など教へければ、舟尋ねて京へ上りにけり。
 さて人どもに、「かかるあさましき事こそありしか。津の国の竜泉寺といふ寺に宿りたりしを、鬼どもの来て『ところ狭し』とて、『新しき不動尊、しばし雨だりにおはしませ』と言ひて、かき抱きて、雨だりについ据ゆと思ひしに、肥前国の奥の郡にこそゐたりしか。かかるあさましき事にこそあひたりしか」とぞ、京に来て語りけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→