宇治拾遺物語(巻二 四)022金峯山薄打の事

 今は昔、七條に薄打あり。御嶽詣でしけり。参りて、金崩れを行いて見れば、まことの金の様にてありけり。嬉しく思ひて、件の金を取りて、袖に包みて家に帰りぬ。おろして見ければ、きらきらとしてまことの金なりければ、「不思議の事なり。この金取れば、神鳴り、地震ひ、雨降りなどして、少しもえ取らざんなるに、これはさる事もなし。この後もこの金を取りて、世の中を過ぐべし」と嬉しくて、秤にかけて見れば、十八両ぞありける。これを薄に打つに、七八千枚に打ちつ。
 これをまろげて、皆買はん人もがなと思ひて、暫く持ちたるほどに、「検非違使なる人の、東寺の仏造らんとて、箔を多く買はんと言ふ」と告ぐる者ありけり。喜びて懐にさし入れて行きぬ。「箔や召す」と言ひければ、「幾らばかり持ちたるぞ」と問ひければ、「七八千枚ばかり候ふ」と言ひければ、「持ちて参りたるか」と言へば、「候ふ」とて、懐より紙に包みたるを取り出したり。見れば、破れず、広く、色いみじかりければ、広げて数へんとて見れば、ちひさき文字にて、金の御嶽云々とことごとく書かれたり。心も得で、「この書附は何の料の書附ぞ」と問へば、薄打、「書附も候はず。何の料の書附かは候はん」と言へば、「現にあり。これを見よ」とて見するに、薄打見れば、まことにあり。あさましき事かなと思ひて、口もえあかず。検非違使、「これはただ事にあらず。様あるべし」とて、友を呼び具して、金を看督長に持たせて、薄打具して、大理のもとへ参りぬ。件の事どもを語り奉れば、別当驚きて、「早く河原に出で行ひて問へ」と言はれければ、検非違使ども河原に行きて、よせばしら堀り立てて、身を働かさぬやうにはりつけて、七十度の勘じをへければ、脊中は紅の練単衣を水にぬらして着せたるやうに、みさみさとなりてありけるを、重ねて獄にいれたりければ、わづかに十日ばかりありて死にけり。薄をば金峯山に返して、元の所に置きけると語り伝へたり。それよりして人怖ぢて、いよいよ件の金取らんと思ふ人なし。あな恐ろし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→