宇治拾遺物語(巻二 五)023用経荒巻の事

  今は昔、左京大夫なりける、ふる上達部ありけり。年老いていみじう古めかしかりけり。わたりなる家に、きもせでりゐたりけり。そのにて、紀用経といふ者ありけり。長岡になん住みける。司の属なれば、この大夫のもとにも来てなん、をこづりける。この用経、大殿に参りて贄殿にゐたるほどに、淡路守頼親が、荒巻を多くりたりけるを、贄殿に持て参りたり。贄殿の義澄二巻用経ひ取りて、間木にささげて置くとて、義澄にいふやう、「これ、人して取りに奉らんに、おこせ給へ」と言ひ置く。心の中に思ひけるやう、「これ、我が司の大夫に奉りて、をこづり奉らん」と思ひて、これを間木にささげて、左京の大夫のもとに行きて見れば、かんの君、出居客人二三人ばかり来て、あるじせんとて地下炉に火をおこしなどして、我がもとにて物食はんとするに、はかばかしき魚もなし。・鳥などようありげなり。それに用経が申すやう、「用経がもとにこそ、津の国なる下人の、鯉の荒巻三つ持てまうで来たりつるを、一巻食べ心み侍りつるが、えもいはずめでたくひつれば、いま二巻は、けがさで置きて候ふ。急ぎてまうでつるに、下人の候はで、持て参り候はざりつるなり。ただいま、取りにはさんはいかに」と、声高く、したり顔にをつくろひて、口脇かいのごひなどして、ゐあがり覗きて申せば、大夫、「さるべき物なきに、いとよき事かな。とく取りにやれ」とふ。客人どもも、「食ふべき物の候はざめるに、九月ばかりのことなれば、「このごろ鳥の味はひ、いとわろし。鯉はまだ出で来ず。よき鯛は奇異の物なり」など言ひ合へり。用経、馬へたるを呼び取りて、「馬をば御門の脇につなぎてただ今走り、大殿に参りて、贄殿の預の主に、『その置きつる荒巻、ただいまおこせ給へ』とささめきて、時かはさず持てに寄るな。とく走れ」とてやりつ。さて、「まな板洗ひて持て参れ」と、声高く言ひて、やがて、「用経、今日の庖丁らん」と言ひて、真魚箸けづり、なる刀抜いて、まうけつつ、「あな久し。いづら、ぬや」など心もとながりゐたり。「遅し、遅し」と言ひゐたるほどに、やりつる童、木の枝に荒巻二つひつけて持て来たり。「いとかしこく、あはれ、飛ぶがごと走りてまうで来たる童かな」とほめて、取りてまな板の上にうち置きて、ことごとしく大鯛作らんやうに、左右の袖つくろひ、くくりひき結ひ、片膝立て、いま片膝伏せて、いみじくつきづきしくゐなして、荒巻のをふつふつと押し切りて、刀してを押し開くに、ほろほろと物どもこぼれて落つる物は、平足駄、古しきれ、古草鞋古沓、かやうの物のかぎりあるに、用経あきれて、刀も真魚箸もうち捨てて、沓もはきあへず逃げてぬ。左京の大夫も客人もあきれて、目も口もあきてゐたり。なる侍どももあさましくて、目を見かはして、ゐなみたる顔ども、いとあやしげなり。物食ひ、酒飲みつる遊びも、みなすさまじくなりて、一人立ち、二人立ち、みな立ちて往ぬ。左京の大夫のいはく、「このをのこをば、かくえもいはぬしれものぐるひとは知りたりつれども、司の大夫とて来睦びつれば、よしとは思はねど、おふべき事もあらねば、さと見てあるに、かかるわざをしてらんをばいかがすべき。物悪しき人は、はかなき事につけてもかかるなり。いかに世の人聞き伝へて、世の笑ひぐさにせんとすらん」と、空をぎて嘆き給ふこと限りなし。用経は馬に乗りて、せ散らして、殿に参りて、贄殿預義澄にあひて、「この荒巻をば惜しとさば、おいらかに取り給ひてはあらで、かかる事しいで給へる」と、泣きぬばかりにうらみののしる事かぎりなし。義澄がいはく、「こはいかに宣ふことぞ。荒巻は奉りて後、あからさまに宿にまかりつとて、おのがをのこにいふやう、『左京の大夫ののもとから、荒巻取りにおこせたらば、取りて使ひに取らせよ』と言ひおきて、まかでて、ただいま帰り参りて見るに、荒巻なければ、『いづち往ぬるぞ』と問ふに、『しかじかの御使ひありつれば、宣はせつるやうに取りて奉りつる』と言ひつれば、『さにこそはあんなれ』と聞きてなん侍る。事のやうを知らず」と言へば、「さらば、かひなくとも、言ひ預けつらん主を呼びて問ひ給へ」と言へば、男を呼びて問はんとするに、出でて往にけり。膳部なる男がいふやう、「おのれが部屋に入りゐて聞きつれば、この若主たちの『間木にささげられたる荒巻こそあれ。こは、が置きたるぞ。何の料ぞ』と問ひつれば、にかありつらん、『左京のなり』と言ひつれば、『さては、事にもあらず。すべきやうあり』とて取りおろして、鯛をばみな切り参りて、かはりに古尻切平足駄などをこそ入れて、間木に置かると聞き侍りつれ」と語れば、用経聞きて、りののしることかぎりなし。この声聞きて、人々、「いとほし」とはいはで、笑ひののしる。用経しわびて、かく笑ひののしられんほどは、かじと思ひて、長岡の家に籠りゐたり。その後、左京の大夫の家にもえ行かずなりにけるとかや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→