宇治拾遺物語(巻二 十)028袴垂保昌に合ふ事

 昔、袴垂とていみじき盗人の大将軍ありけり。十月ばかりに、衣の用ありければ、衣少しまうけんとて、さるべき所々窺ひ歩きけるに、夜中ばかりに、人皆しづまり果てて後、月の朧なるに、衣あまた着たりけるぬしの、指貫の稜挟みて、絹の狩衣めきたる着て、ただ一人笛吹きて、行きもやらず練り行けば、「あはれ、これこそ我に衣得させんとて出でたる人なめり」と思ひて、走りかかりて衣を剥がんと思ふに、あやしくものの恐ろしく覚えければ、添ひて二三町ばかり行けども、我に人こそ付きたれと思ひたる気色もなし。いよいよ笛を吹きて行けば、試みんと思ひて、足を高くして走り寄りたるに、笛を吹きながら見かへりたる気色、取りかかるべくも覚えざりければ、走り退きぬ。
 かやうにあまたたび、とざまかうざまにするに、つゆばかりも騒ぎたる気色なし。「希有の人かな」と思ひて、十余町ばかり具して行く。さりとてあらんやは、と思ひて刀を抜きて走りかかりたる時に、その度、笛を吹きやみて立ち返りて、「こは何者ぞ」と問ふに、心も失せて、我にもあらで、ついゐられぬ。また、「いかなる者ぞ」と問へば、今は逃ぐともよも逃がさじと覚えければ、「引剥ぎに候ふ」と言へば、「何者ぞ」と問へば、「字、袴垂となんいはれ候ふ」と答ふれば、「さいふ者ありと聞くぞ。危げに希有の奴かな」と言ひて、「ともにまうで来」とばかり言ひかけて、また同じやうに笛吹きて行く。この人の気色、今は逃ぐともよも逃がさじと覚えければ、鬼に首取られたるやうにて共に行くほどに、家に行き着きぬ。いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。家の内に呼び入れて、綿厚き衣一つ賜りて、「衣の用あらん時は参りて申せ。心も知らざらん人に取りかかりて、汝過ちすな」とありしこそあさましく、むくつけく、恐ろしかりしか。「いみじかりし人の有様なり」と、捕へられて後語りける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→