宇治拾遺物語(巻三 三)035小式部内侍定頼卿の経にめでたる事

 今は昔、小式部内侍に定頼中納言もの言ひわたりけり。それに又時の関白かよひ給ひけり。局に入りて、臥し給ひたりけるを、知らざりけるにや、中納言寄り来てたたきけるを、局の人「かく」とや言ひたりけん、沓をはきて行きけるが、少し歩みのきて、経をはたとうちあげて読みたりけり。二声ばかりまでは、小式部内侍、きと耳をたつるやうにしければ、この入りて臥し給へる人、あやしとおぼしけるほどに、すこし声遠うなるやうにて、四声五声ばかり、ゆきもやらでよみたりける時、「う」と言ひて、後ろざまにこそ、ふしかへりたりけれ。
 この入臥し給へる人の、「さばかりたへがたう、はづかしかりし事こそなかりしか」と、後に宣ひけるとかや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→