宇治拾遺物語(巻三 八)040樵夫歌の事

 今は昔、木こりの、山守に斧を取られて、わびし、心うしと思ひて、つら杖うちつきてをりける。山守見て、「さるべきことを申せ。とらせん」と言ひければ、
  あしきだになきはわりなき世の中によきをとられて我いかにせむ  
と詠みたりければ、山守、返しせんと思ひて、「うう、うう」とうめきけれど、えせざりけり。さて、斧返しとらせてければ、うれしと思ひけりとぞ。人はただ、歌をかまへてよむべしと見えたり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→