宇治拾遺物語(巻三 九)041伯の母の事

 今は昔、多気大夫といふ者の、常陸より上りて、愁へするころ、向かひに越前守といふ人のもとに経誦しけり。この越前守は、伯の母とて、世にめでたき人、歌よみの親なり。妻は伊勢大輔、姫君たちあまたあるべし。多気大夫、つれづれにおぼゆれば、聴聞に参りたりけるに、御簾を風の吹き上げたるに、なべてならず美しき人の、紅の一重がさね着たる見るより、「この人を妻にせばや」といりもみ思ひければ、その家の上童を語らひて問ひ聞けば、「大姫御前の、紅は奉りたる」と語りければ、それに語らひつきて、「我に盗ませよ」といふに、「思ひかけず、えせじ」と言ひければ、「さらば、その乳母を知らせよ」と言ひければ、「それは、さも申してん」とて知らせてけり。さていみじく語らひて金百両取らせなどして、「この姫君を盗ませよ」と責め言ひければ、さるべき契りにやありけん、盗ませてけり。
 やがて乳母うち具して常陸へ急ぎ下りにけり。跡に泣き悲しめど、かひもなし。程経て乳母おとづれたり。あさましく心憂しと思へども、いふかひなき事なれば、時々うちおとづれて過ぎけり。伯の母、常陸へかくいひやり給ふ。
  匂ひきや都の花は東路にこちのかへしの風のつけしは  
返し、姉、
  吹き返すこちのかへしは身にしみき都の花のしるべと思ふに  
 年月隔りて、伯の母、常陸守の妻にて下りけるに、姉は失せにけり。女二人ありけるが、かくと聞きて参りたりけり。田舎人とも見えず、いみじくしめやかに恥づかしげによかりけり。常陸守の上を、「昔の人に似させ給ひたりける」とて、いみじく泣き合ひたりけり。四年が間、名聞にも思ひたらず、用事などもいはざりけり。
 任果てて上る折に、常陸守、「無下なりける者どもかな。かくなん上るといひにやれ」と男にいはれて、伯の母、上る由いひにやりたりければ、「承りぬ。参り候はん」とて明後日上らんとての日、参りたりけり。えもいはぬ馬、一つを宝にする程の馬十疋づつ、二人して、また皮籠負ほせたる馬ども百疋づつ、二人して奉りたり。何とも思ひたらず、かばかりの事したりとも思はず、うち奉りて帰りにけり。常陸守の、「ありける常陸四年が間の物は何ならず。その皮籠の物どもしてこそ万の功徳も何もし給ひけれ。ゆゆしかりける者どもの心の大きさ広さかな」と語られけるとぞ。
 この伊勢の大輔の子孫は、めでたきさいはひ人多く出で来給ひたるに、大姫君のかく田舎人になられたりける、哀れに心憂くこそ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→