宇治拾遺物語(巻三 十一)043藤六の事

 今は昔、藤六といふ歌よみありけり。下種の家に入りて、人もなかりける折を見つけて入りにけり。鍋に煮ける物をすくひけるほどに、家あるじの女、水を汲みて、大路の方より来て見れば、かくすくひ食へば、「いかにかく人もなき所に入りて、かくはする物をば参るぞ。あなうたてや、藤六にこそいましけれ。さらば歌詠み給へ」と言ひければ、
  昔より阿弥陀ほとけのちかひにて煮ゆるものをばすくふとぞ知る  
とこそ詠みたりける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→