宇治拾遺物語(巻三 十五)047長門前司の女葬送の時本所に帰る事

 今は昔、長門前司といひける人の、女二人ありけるが、姉は人の妻にてありける。妹はいと若くて宮仕へぞしけるが、後には家にゐたりけり。わざとありつきたる男もなくて、ただ時々通ふ人などぞありける。高辻室町わたりにこぞ家はありける。父母もなくなりて、奥の方には、姉ぞゐたりける。南の表の、西の方なる妻戸口にぞ常々人に逢ひ、物などいふ所なりける。
 二十七八ばかりなりける年、いみじく煩ひて失せにけり。奥は所狭しとて、その妻戸口にぞやがて臥したりける。さてあるべき事ならねば、姉などしたてて鳥部野へ率て往ぬ。さて例の作法にとかくせんとて、車より取りおろすに、櫃かろがろとして、蓋いささかあきたり。あやしくて、あけて見るに、いかにもいかにもつゆ物なかりけり。「道などにて落ちなどすべき事にもあらぬに、いかなる事にか」と心得ず、あさまし。すべき方もなくて、「さりとてあらんやは」とて、人々走り帰りて、「道におのづからや」と見れども、あるべきならねば、家へ帰りぬ。「もしや」と見れば、この妻戸口に、もとのやうにてうち臥したり。いとあさましくも恐ろしくて、親しき人々集まりて、「いかがすべき」と言ひ合せ騒ぐほどに、夜もいたく更けぬれば、「いかがせん」とて、夜明けてまた櫃に入れて、この度はよくまことにしたためて、夜さりいかにもなど思ひてあるほどに、夕つかたに見るほどに、この櫃の蓋細めにあきたりけり。いみじく恐ろしく、ずちなけれど、親しき人々、「近くてよく見ん」とて寄りて見れば、棺より出でて、また妻戸口に臥したり。「いとどあさましきわざかな」とて、またかき入れんとてよろづにすれど、さらにさらに揺るがず。土より生ひたる大木などを引き揺るがさんやうなれば、すべき方なくて、「ただここにあらんと思すか。さらばここにも置き奉らん。かくてはいと見苦しかりなん」とて、妻戸口の板敷をこぼちて、そこに下さんとしければ、いと軽やかに下されたれば、すべなくて、その妻戸口一間を板敷など取りのけこぼちて、そこに埋みて高々と塚にてあり。家の人々もさてあひゐてあらん、物むつかしく覚えて、みな外へ渡りにけり。さて年月経にければ、寝殿もみなこぼれ失せにけり。
 いかなる事にか、この塚の傍ら近くは下種などもえゐつかず。むつかしき事ありと言ひ伝へて、おほかた人もえゐつかねば、そこはただの塚一つぞある。高辻よりは北、室町よりは西、高辻表に六七間ばかりが程は、小家もなくて、その塚一つぞ高々としてありける。いかにしたる事にか、塚の上に神の社をぞ一つ斎ひ据ゑてあなる。この頃も今にありとなん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→