宇治拾遺物語(巻三 十九)051一条摂政歌の事

 今は昔、一条摂政とは東三条殿の兄におはします。御かたちよりはじめ、心用ひなどめでたく、才、有様、まことしくおはしまし、また、色めかしく、女をも多く御覧じ興ぜざさせ給ひけるが、少し軽々に覚えさせ給ひければ、御名を隠させ給ひて、大蔵丞豊蔭と名のりて、上ならぬ女のがりは、御文も遣はしける。懸想せさせ給ひ、逢はせ給ひもしけるに、皆人、さ心得て知り参らせたり。
 やんごとなくよき人の姫君のもとへ、おはしまし初めにけり。乳母、母などを語らひて、父には知らせさせ給はぬほどに、聞きつけて、いみじく腹立ちて、母をせため、爪弾きをして、いたく宣ひければ、「さる事なし」とあらがひて、「まだしき由の文、書きて給べ」と母君のわび申したりければ、
  人知れず身はいそげども年を経てなど越えがたき逢坂の関  
とて遣はしたりければ、父に見すれば、「さては空事なりけり」と思ひて、返し、父のしける。
  あづま路に行きかふ人にあらぬ身はいつかは越えん逢坂の関  
と詠みけるを見て、ほほゑまれけんかしと、御集にあり。をかしく。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→