宇治拾遺物語(巻三 二十)052狐、家に火つくる事

 今は昔、甲斐国に館の侍なりける者の、夕暮れに館を出でて家ざまに行きけるに、道に、狐のあひたりけるを追ひかけて引目して射ければ、狐の腰に射当ててけり。狐、射まろばかされて、鳴きわびて、腰をひきつつ草に入りにけり。この男、引目を取りて行くほどに、この狐、腰をひきて先に立ちて行くに、また射んとすれば失せにけり。
 家いま四五町とて見えて行くほどに、この狐二町ばかり先だちて、火をくはへて走りければ、「火をくはへて走るはいかなる事ぞ」とて、馬をも走らせけれども、家のもとに走り寄りて、人になりて火を家につけてけり。「人のつくるにこそありけれ」とて、矢をはげて走らせけれども、つけ果ててければ、狐になりて草の中に走り入りて失せにけり。さて家焼けにけり。
 かかるものも、たちまちに仇を報ふなり。これを聞きて、かやうのものをば構へて調ずまじきなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→