宇治拾遺物語(巻四 一)053狐人に憑きてしとぎ食ふ事

 昔、物の怪わづらひし所に、物の怪渡ししほどに、物の怪、物つきに憑きていふやう、「おのれは、たたりの物の怪にても侍らず。うかれてまかり通りつる狐なり。塚屋に子ども侍るが、物をほしがりつれば、かやうの所には、食物ちろぼふものぞかし、とて、まうで来つるなり。しとぎばし食べてまかりなん」と言へば、しとぎをせさせて、一折敷とらせたれば、すこし食ひて、「あなうまや、あなうまや」と言ふ。「この女の、しとぎほしかりければ、そらものづきてかくいふ」と、にくみあへり。「紙給はりて、これ包みてまかりて、たうめや子どもなどに食はせん」と言へば、紙を二枚引き違へて包みたれば、大きやかなるを腰についばさみたれば、胸にさしあがりてあり。かくて、「追ひ給へ。まかりなん」と、験者にいへば、「追へ追へ」と言へば、立ちあがりて、たふれふしぬ。しばしばかりありて、やがておきあがりたるに、懐なるものさらになし。失せにけるこそふしぎなれ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→