宇治拾遺物語(巻四 二)054左渡国に金ある事

 能登国には、鉄といふ物の、素鉄といふ程なるを取りて、守に取らする者、六十人ぞあなる。実房といふ守の任に、鉄取六十人が長なりける者の、「佐渡国にこそ、金の花咲きたる所はありしか」と人にいひけるを、守伝へ聞きて、その男を守呼び取りて、物取らせなどして、すかし問ひければ、「佐渡国には、まことに金の侍るなり。候ひし所を見置きて侍るなり」と言へば、「さらば行きて、取りて来なんや」と言へば、「遣はさばまかり候はん」と言ふ。「さらば舟を出し立てん」といふに、「人をば賜り候はじ。ただ小舟一つと食物少しとを賜り候ひて、まかりいたりて、もしやと取りて参らん」と言へば、ただこれがいふに任せて、人にも知らせず、小舟一つと食ふべき物少しとを取らせたりければ、それを持て佐渡国へ渡りにけり。
 一月ばかりありて、うち忘れたるほどに、この男、ふと来て、守に目を見合せたりければ、守心得て、人伝には取らで、みづから出であひたりければ、袖うつしに、黒ばみたるさいでに包みたる物を取らせたりければ、守重げに引きさげて、懐にひき入れて、帰り入りにけり。
 その後、その金取り男はいづちともなく失せにけり、よろづに尋ねけれども、行方も知らず、やみにけり。いかに思ひて失せたりといふ事を知らず。金のある所を問ひ尋ねやすると思ひけるにやとぞ、疑ひける。その金は八千両ばかりありけるとぞ、語り伝へたる。かかれば佐渡国には金ありける由と、能登国の者ども語りけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→