宇治拾遺物語(巻四 十三)065智海法印癩人法談の事

 これも今は昔、智海法印有職の時、清水寺へ百日参りて、夜更けて下向しけるに、橋の上に、「唯円教意、逆即是順、自余三教、逆順定故」といふ文を誦する声あり。「貴き事かな、いかなる人の誦するならん」と思ひて、近う寄りて見れば、白癩人なり。傍にゐて、法文の事をいふに、智海ほとほと言ひまはされけり。「南北二京に、これ程の学匠あらじものを」と思ひて、「いづれの所にあるぞ」と問ひければ、「この坂に候ふなり」といひけり。後にたびたび尋ねけれど、尋ねあはずしてやみにけり。「もし化人にやありけん」と思ひけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→