宇治拾遺物語(巻四 十四)066白河院御寝の時物に襲はれさせ給ふ事

 これも今は昔、白河院、御殿籠りて後、物におそはれさせ給ひける。「然るべき武具を、御枕の上に置くべし」と沙汰ありて、義家朝臣に召されければ、檀弓の黒塗なるを、一張参らせたりけるを、御枕に立てられて後、おそはれさせおはしまさざしければ、御感ありて、「この弓は十二年の合戦の時や持ちたりし」と御尋ねありければ、覚えざるよし申されけり。上皇しきりに御感ありけるとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→