宇治拾遺物語(巻四 十五)067永超僧都魚食ふ事

 これも今は昔、南の京の永超僧都は、魚なき限りは、時、非時もすべて食はざりける人なり。公請勤めて、在京の間、久しくなりて、魚を食はで、くづほれて下る間、奈島の丈六堂の辺にて、昼破子食ふに、弟子一人、近辺の在家にて、魚を乞ひて、勧めたりけり。件の魚の主、後に夢に見るやう、恐ろしげなる者ども、その辺の在家をしるしけるに、我が家をしるし除きければ、尋ぬる所に、使のいはく、「永超僧都に贄奉る所なり。さてしるし除く」と言ふ。その年、この村の在家、ことごとく疫をして、死ぬる者多かり。その魚の主が家、ただ一宇、その事を免るるによりて、僧都のもとへ参り向かひて、このよしを申す。僧都このよしを聞きて、被物一重賜びてぞ帰されける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→