宇治拾遺物語(巻四 十六)068了延に実因湖水の中より法文の事

 これも今は昔、了延房阿闍梨、日吉の社へ参りて、帰るに、唐崎の辺を過ぐるに、「有相安楽行、此依観思」といふ文を誦したりければ、浪中に、「散心誦法花、不入禅三昧」と、末の句をば誦する声あり。不思議の思ひをなして、「いかなる人のおはしますぞ」と問ひければ、具房僧都実因と名のりければ、汀にゐて法文を談じけるに、少々僻事ども答へければ、「これは僻事なり。いかに」と問ひければ、「よく申すとこそ思ひ候へども、生を隔てぬれば、力及ばぬ事なり。我なればこそ、これ程も申せ」と言ひけるとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→