宇治拾遺物語(巻四 十七)069慈恵僧正戒壇築きたる事

 これも今は昔、慈恵僧正は近江国浅井郡の人なり。叡山の戒壇を、人夫かなはざりければ、え築かざりけるころ、浅井の郡司は、親しき上に、師壇にて仏事を修する間、この僧正を請じ奉りて、僧膳の料に、前にて大豆を炒りて酢をかけけるを、「何しに酢をばかくるぞ」と問はれければ、郡司いはく、「暖かなる時、酢をかけつれば、すむつかりとて、苦みて、よく挟まるるなり。然らざれば、滑りて挟まれぬなり」と言ふ。僧正のいはく、「いかなりとも、なじかは挟まぬやうやあるべき。投げやるとも、はさみ食ひてん」とありければ、「いかでさる事あるべき」とあらがひけり。僧正、「勝ち申しなば、異事あるべからず。戒壇を築きて給へ」とありければ、「易き事」とて、煎大豆を投げやるに、一間ばかりのきてゐ給ひて、一度も落さず挟まれけり。見る者あさまずといふ事なし。柚の実の只今搾り出したるを交ぜて、投げて遣りたるをぞ、挟みすべらかし給ひけれど、おとしもたてず、又やがて挟みとどめ給ひける。郡司一家廣き者なれば、人数をおこして、不日に戒壇を築きてけりとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→