宇治拾遺物語(巻五 二)071伏見修理大夫の許へ殿上人共行き向かふ事

 これも今は昔、伏見修理大夫のもとへ、殿上人二十人ばかり押し寄せたりけるに、にはかにさわぎけり。肴物とりあへず、沈地の机に、時の物ども色々、ただ推し量るべし。盃、たびたびになりて、おのおのたはぶれ出でけるに、厩に、黒馬の額すこし白きを、二十疋たてたりけり。移の鞍二十具、鞍掛にかけたりけり。殿上人、酔みだれて、おのおのこの馬に移の鞍置きてのせて返しにけり。
 つとめて、「さても昨日、いみじくしたる物かな」と言ひて、「いざ、また、押し寄せん」と言ひて、また、二十人、押し寄せたりければ、このたびは、さる体にして、にはかなるさまは昨日にかはりて、炭櫃をかざりたりけり。厩を見れば黒栗毛なる馬をぞ、二十疋まで立てたりける。これも額白かりけり。
 大かた、かばかりの人はなかりけり。これは宇治殿の御子におはしけり。されども、公達おほくおはしましければ、橘の俊遠と言ひて、世の中の徳人ありけり、其子になして、かかるさまの人にぞ、なさせ給ひたりけるとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→