宇治拾遺物語(巻五 四)073範久阿闍梨西方を後にせざる事

 これも今は昔、範久阿闍梨といふ僧ありけり。山の楞厳院に住みけり。ひとへに極楽を願ふ。行住座臥、西方を後にせず。唾をはき、大小便西に向かはず。入日を背中に負はず。西坂より山へ登る時は、身をそばだてて歩む。常にいはく、「植ゑ木の倒るる事、必ず傾く方にあり。心を西方にかけんに、なんぞ志を遂げざらん。臨終正念疑はず」となん言ひける。往生伝に入りたりとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→