宇治拾遺物語(巻五 七)076仮名暦誂へたる事

 これも今は昔、ある人のもとに生女房のありけるが、人に紙乞ひて、そこなりける若き僧に、「仮名暦書きて給べ」と言ひければ、僧、「やすき事」と言ひて、書きたりけり。始めつ方はうるはしく、「神仏によし」、「坎日」、「凶会日」など書きたりけるが、やうやう末ざまになりて、あるいは「物食はぬ日」など書き、また「これぞあればよく食ふ日」など書きたり。この女房、「やうがる暦かな」とは思へども、いとかうほどには思ひよらず、「さる事にこそ」と思ひて、そのままに違へず。またある日は、「はこすべからず」と書きたれば、「いかに」とは思へども、また「さこそあらめ」とて、念じて過ぐすほどに、長凶会日のやうに、「はこすべからず、はこすべからず」と続け書きたれば、二日三日までは念じ居たるほどに、おほかた堪ふべきやうもなければ、左右の手にて尻をかかへて、「いかにせん、いかにせん」と、よぢりすぢりするほどに、物も覚えずしてありけるとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→