宇治拾遺物語(巻五 十二)081大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事

 これも今は昔、大二条殿、小式部内侍おぼしけるが、絶え間がちになりけるころ、例ならぬことおはしまして、久しうなりて、よろしくなり給ひて、上東門院へ参らせ給ひたるに、小式部、台盤所にゐたりけるに、出でさせ給ふとて、「死なんとせしは、など問はざりしぞ」と仰せられて過ぎ給ひける。御直衣の裾を引きとどめつつ、申しけり。
  死ぬばかり嘆きにこそは嘆きしか生きて問ふべき身にしあらねば  
堪へずおぼしけるにや、かき抱きて局へおはしまして、寝させ給ひにけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→