宇治拾遺物語(巻七 四)095検非違使忠明事の事

 これもいまは昔、忠明といふ検非違使ありけり。それが若かりける時、清水の橋のもとにて、京童部どもと、いさかひをしけり。京童部、手ごとに刀をぬきて、忠明をたちこめて、殺さんとしければ、忠明も太刀を抜きて、御堂ざまに上るに、御堂の東のつまにも、あまた立ちて、向かひあひたれば、内へ逃げて、蔀のもとを脇にはさみて、前の谷へ躍り落つ。蔀、風にしぶかれて、谷の底に、鳥のゐるやうに、やをら落ちにければ、それより逃げていにけり。京童部ども、谷を見おろして、あさましがり、立ち並みて見けれども、すべきやうもなくて、やみにけりとなん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→