宇治拾遺物語(巻八 二)100下野武正大風雨の日法性寺殿に参る事

 これも今は昔、下野武正といふ舎人は、法性寺殿に候ひけり。ある折、大風、大雨降りて、京中の家、みな壊れ破れけるに、殿下、近衛殿におはしましけるに、南面のかたに、ののしる者の声しけり。誰ならんとおぼしめして、見せ給ふに、武正、赤香の上下に蓑笠を着て、蓑の上に縄を帯にして、檜笠の上を、またおとがひに縄にてからげつけて、かせ杖をつきて、走り回りておこなふなりけり。おほかた、その姿おびたたしく、似るべきものなし。殿、南面へ出でて御簾より御覧ずるに、あさましくおぼしめして、御馬をなん賜びけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→