宇治拾遺物語(巻九 二)107宝志和尚、影の事

 昔、唐土に宝志和尚といふ聖あり。いみじく尊くおはしければ、帝、「かの聖の姿を、影に書きとらん」とて、絵師三人をつかはして、「もし一人しては、書きたがふる事もあり」とて、三人して、面々にうつすべきよし仰せ含められて、つかはさせ給ふに、三人の絵師、聖のもとへ参りて、かく宣旨を蒙りてまうでたるよし申しければ、「しばし」と言ひて、法服の装束して出で合ひ給へるを、三人の絵師、おのおの書くべき絹をひろげて、三人ならびて筆をくださんとするに、聖「しばらく。我がまことの形あり。それを見て書きうつすべし」とありければ、絵師、左右なく書かずして、聖の御顔をみれば、大ゆびのつめにて額の皮をさしきりて、皮を左右へ引きのけてあるより、金色の菩薩の、かほをさし出でたり。一人の絵師は、十一面観音とみる。一人の絵師は、聖観音と拝み奉る。おのおの見るままにうつし奉りて、持て参りたりければ、帝おどろき給ひて、別の使を給ひて、問はせ給ふに、かい消つやうにして失せ給ひぬ。それよりぞ「ただ人にてはおはせざりけり」と申し合へりける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→