宇治拾遺物語(巻九 六)111歌詠みて罪を免るる事

 今は昔、大隅守なる人、国の政をしたためおこなひ給ふあひだ、郡司のしどけなかりければ、「召しにやりて、いましめん」と言ひて、先々の様にしどけなきことありけるには、罪にまかせて、重く軽くいましむることありければ、一度にあらず、たびたび、しどけなきことあれば、重くいましめんとて、召すなりけり。「ここに召して、率て参りたり」と、人の申しければ、さきざきするやうに、し伏せて、尻頭にのぼりゐたる人、しもとをまうけて、打つべき人まうけて、さきに、人二人引きはりて、出で来たるを見れば、頭は黒髪もまじらず、いと白く、年老いたり。
 見るに、打ぜんこといとほしく覚えければ、何事につけてかこれを許さんと思ふに、事つくべきことなし。過ちどもを、片端より問ふに、ただ老いを高家にていらへをる。いかにして、これを許さんと思ひて、「おのれはいみじき盗人かな。歌詠みてんや」と言へば、「はかばかしからず候へども、よみ候ひなん」と申しければ、「さらばつかまつれ」といはれて、ほどもなく、わななき声にて、うち出だす。
  年を経て頭の雪はつもれどもしもと見るにぞ身は冷えにける  
と言ひければ、いみじうあはれがりて、感じて許しけり。人はいかにもなさけはあるべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→