宇治拾遺物語(巻九 七)112大安寺別当女に嫁する男、夢見る事

 今は昔、奈良の大安寺の別当なりける僧の女のもとに、蔵人なりける人、忍びて通ふほどに、せめて思はしかりければ、時々は、昼もとまりけり。ある時、昼寝したりける夢に、にはかに、この家の内に、上下の人、とよみて泣きあひけるを、いかなる事やらんと、あやしければ、立ち出て見れば、舅の僧、妻の尼公より始めて、ありとある人、みな大なる土器をささげて泣きけり。いかなれば、この土器をささげて泣くやらんと思ひてよくよく見れば、あかがねの湯をを土器ごとに盛れり。打ちはたりて、鬼の飲ませんにだにも飲むべくもなき湯を、心と泣く泣く飲むなりけり。からくして飲み果てつれば、また乞ひそへて飲む者もあり。下郎にいたるまでも、飲まぬ者なし。我がかたはらにふしたる君を、女房、来て呼ぶ。起きて去ぬるを、おぼつかなさにまた見れば、この女も、大きなる銀の土器に、あかがねの湯を、一土器入れて、女房取らすれば、この女取りて、細く、らうたげなる声をさしあげて、泣く泣く飲む。目鼻より、煙くゆり出づ。あさましと見て立てるほどに、また、「まらうどに参らせよ」と言ひて、土器を台に据ゑて、女房持て来たり。我もかかる物を飲まんずるかと思ふに、あさましくて、まどふと思ふほどに、夢さめぬ。おどろきて見れば、女房食ひ物をもて来たり。舅の方にも、物食ふ音してののしる。「寺の物を食ふにこそあるらめ。それがかくは見ゆるなり」と、ゆゆしく、心憂くおぼえて、女の思はしさも失せぬ。さて心地のあしきよしを言ひて、物も食はずして出でぬ。その後は、つひにかしこへ行かずなりにけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→