宇治拾遺物語(巻十 五)118播磨守の子佐大夫が事

 今は昔、播磨の守公行が子に、佐大夫とて、五条わたりにありし者は、この頃ある顕宗といふ者の父なり。その佐大夫は、阿波守さとなりが供に、阿波へ下りけるに、道にて死にけり。その佐大夫は、河内前司といひし人の類にてぞありける。
 その河内前司がもとに、あめまだらなる牛ありけり。その牛を人の借りて、車かけて、淀へ遣りけるに、樋爪の橋にて、牛飼あしく遣りて、片輪を橋より落としたりけるに、引かれて車の橋より下に落ちけるを、車の落つると心得て、牛の踏み広ごりて立てりければ、鞅切れて、車は落ちてくだけにけり。牛は一つ、橋の上にとどまりてぞありける。人も乗らぬ車なりければ、そこなはるる人もなかりけり。「えせ牛ならましかば、引かれて落ちて、牛もそこなはれまし」、「いみじき牛の力かな」とて、その辺の人いひほめける。
 かくて、この牛をいたはり飼ふほどに、この牛、いかにして失せたるといふことなくて、失せにけり。「こは、いかなることぞ」と、求めさわげど、なし。「離れて出でたるか」と、近くより遠くまで、尋ね求めさすれどもなければ、「いみじかりつる牛を失ひつる」と嘆くほどに、河内前司が夢に見るやう、この佐大夫が来たりければ、これは海に落ち入りて死にけると聞く人は、「いかに来るにか」と、思ひ思ひ出であひたりければ、佐大夫が言ふやう、「我はこの丑寅の隅にあり。それより日に一度、樋爪の橋のもとにまかりて、苦をうけ侍るなり。それに、おのれが罪の深くて、身のきはめて重く侍れば、乗物のたへずして、徒よりまかるが苦しきに、この黄斑の御車牛の力の強くて、乗りて侍るに、いみじく求めさせ給へば、いま五日ありて、六日と申さん巳の時ばかりには返し奉らん。いたくな求め給ひそ」と見て、さめにけり。「かかる夢をこそみつれ」と言ひて過ぎぬ。
 その夢見つるより六日といふ巳の時ばかりに、そぞろにこの牛歩み入りたりけるが、いみじく大事したりげにて、苦しげに舌垂れ、汗水にてぞ入り来たりける。「この樋爪の橋にて、車落ち入り、牛はとまりたりける折なんどに行きあひて、力強き牛かなと見て、借りて乗りてありきけるにやありけんと思ひけるも、恐ろしかりける」と、河内前司語りしなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→