宇治拾遺物語(巻十 十)123海賊発心出家の事

 今は昔、摂津国にいみじく老いたる入道の、行ひうちしてありけるが、人の「海賊にあひたり」といふ物語するついでにいふやう、「我は、若かりし折は、まことにたのもしくてありし身なり。着るもの、食物に飽きみちて、明暮海にうかびて、世をば過ぐししなり。淡路の六郎追捕使となんいひし。それに、安藝の嶋にて、異舟もことになかりしに、船一艘、ちかくこぎよす。見れば、二十五六ばかりの男の、清げなるぞ、主とおぼしくてある。さては若き男二三人ばかりにて、わづかに見ゆ。さては、女どものよきなどあるべし。おのづから、すだれの隙よりみれば、皮籠などあまた見ゆ。物はよく積みたるに、はかばかしき人もなくて、ただ、この我が舟につきてありく。屋形の上に、若き僧一人ゐて、経よみてあり。下れば、同じやうに下り、島へよれば、おなじやうに寄る。とまれば、またとまりなどすれば、この舟をえ見も知らぬなりけり。あやしと思ひて、問ひてんと思ひて、『こは、いかなる人の、かくこの舟にのみ具してはおはするぞ。いづくにおはする人にか』と問へば、『周防国より、いそぐことありてまかるが、さるべき頼もしき人も具せねば、恐ろしくて、この御舟をたのみて、かくつき申したるなり」と言へば、いとをこがましと思ひて、『これは、京にまかるにもあらず。ここに人待つなり。待ちつけて、周坊の方へくだらんずるは、いかで具してこそおはせめ』と言へば、『さらば明日こそは、さまいかにもせめ。こよひはなほ、御舟に具してあらん』とて、島隠れなる所に、具してとまりぬ。
 人ども、『ただ今こそよき時なめれ。いざ、この舟うつしてん』とて、この舟に、みな乗る時に、ものもおぼえず、あきれ惑ひたり。物のあるかぎり、わが舟にとり入れつ。人どもは、みな男女、みな海にとり入るるに、主人手をこそこそとすりて、水精の数珠の緒切れたらんやうなる涙を、はらはらとこぼしていはく、『よろずの物は、みなとり給へ。ただ、我命のかぎりはたすけ給へ。京に老たる親の、限りにわづらひて、今一度見んと申したれば、夜を昼にて、告げにつかはしたれば、いそぎまかりのぼるなり』とも、え言ひやらで、我に目を見合はせて、手をするさまいみじ。『これ、かくな言はせそ。例のごとく、とく』といふに、目をみあはせて泣きまどふさま、いといといみじ。あはれに無慙におぼえしかども、さ言ひて、いかがせんと思ひなして、海に入れつ。
 屋形の上に二十ばかりにて、ひはつなる僧の経袋首にかけて、夜昼経読みつるをとりて、海にうち入れつ。時に手まどひして、経袋をとりて、水のうへにうかびながら、手をささげて、この経をささげて、浮き出で出でするときに、『希有の法師の、今まで死なぬ』とて、舟の櫂して、頭をはたと打ち、背中をつき入れなどすれど、浮き出で浮き出でしつつ、この経を捧ぐ。あやしと思ひて、よく見れば、この僧の水に浮かびたる跡枕に、うつくしげなる童の、びづら結ひたるが、白きすはえをもちたる、二三人ばかり見ゆ。僧の頭に手をかけ、一人は、経をささげたる腕を、とらへたりと見ゆ。かたへの者どもに、『あれ見よ。この僧につきたる童部はなにぞ』と言へば、『いづらいづら。さらに人なし』と言ふ。『わが目にはたしかに見ゆ。この童部そひて、あへて海にしづむことなし。浮びてあり。あやしければ、みん』と思ひて、『これにとりつきて来』とて、さををさしやりたれば、とりつきたるを引きよせたれば、人々、『などかくはするぞ。よしなしわざする』といへど、「さはれ、この僧ひとりは生けん」とて、舟にのせつ。近くなれば、この童部は見えず。
 この僧に問ふ、『我は京の人か。いづこへおはするぞ』と問へば、『田舎の人に候ふ。法師になりて、久しく受戒をえ仕らねば、いかで京にのぼりて受戒せん、と申ししかば、いざ我に具して、山に知りたる人のあるに申しつけて、せさせん、と候ひしかば、まかりのぼりつるなり』と言ふ。『わ僧の頭やかひなに取りつきたりつる児どもは、たそ。なにぞ』と問へば、『いつかさるもの候ひつる。さらにおぼえず』と言へば、『さて経ささげたりつるかひなにも、童そひたりつるは。そもそも、なにと思ひて、ただ今死なんとするに、この経袋をばささげつるぞ』と問へば、『死なんずるは、思ひまうけたれば、命は惜しくもあらず。我は死ぬとも、経を、しばしがほども、ぬらし奉らじと思ひて、ささげ奉りしに、かひな、たゆくもあらず、あまりにかろくて、かひなも長くなるやうにて、たかくささげられ候ひつれば、御経のしるしとこそ、死ぬべき心ちにもおぼえ候ひつれ。命生けさせ給はんは、うれしき事』とて泣くに、この婆羅門の様なる心にも、あはれに尊くおぼえて、『これより国へ帰らんとや思ふ。また、京にのぼりて、受戒とげんとの心あらば、送らん』と言へば、『これより返しやりてんとす。さてもうつくしかりつる童部は、何にか、かく見えつる』と語れば、この僧、哀れに尊くおぼえて、ほろほろ泣かる。『七つより、法華経よみ奉りて、日ごろも異事なく、物のあそろしきままにも、よみ奉りたれば、十羅刹のおはしましけるにこそ』といふに、この婆羅門のやうなるものの心に、さは、仏経は、めでたく尊くおはします物なりけりと思ひて、この僧に具して、山寺などへいなんと思ふ心つきぬ。
 さて、この僧と二人具して、糧すこしを具して、のこりの物どもは知らず、みなこの人々にあづけてゆけば、人々、『物にくるふか。こはいかに。俄の道心世にあらじ。物のつきたるか』とて、制しとどむれども、聞かで、弓、やなぐひ、太刀、刀もみな捨て、この僧に具して、これが師の山寺なる所にいきて、法師になりて、そこにて、経一部よみ参らせて、行ひありくなり。かかる罪をのみ作りしが、無慙におぼえて、この男の手をすりて、はらはらと泣きまどひしを、海に入れしより、少し道心おこりにき。それに、いとどこの僧に十羅刹の添ひておはしましけると思ふに、法華経の、めでたく、読み奉らまほしくおぼえて、にはかにかくなりてあるなり」と語り侍りけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→