宇治拾遺物語(巻十一 四)128河内守頼信、平忠恒を攻むる事

 昔、河内守頼信、上野守にてありしとき、坂東に平忠恒といふ兵ありき。仰せらるる事、なきがごとくにする、うたんとて、おほくの軍おこして、かれがすみかの方へ行きむかふに、岩海のはるかにさし入りたるむかひに、家をつくりてゐたり。この岩海をまはるものならば、七八日にめぐるべし。すぐにわたらば、その日の中に攻めつべければ、忠恒、わたりの舟どもを、みな取り隠してけり。されば渡るべきやうもなし。
 濱ばたに打ちたちて、この濱のままにめぐるべきにこそあれと、兵ども思ひたるに、上野守のいふやう、「この海のままに廻りてよせば日ごろへなん。その間に逃げもし、また寄せられぬ構へもせられなん。けふのうちに寄せて攻めんこそ、あのやつは存じのほかにして、あわてまどはんずれ。しかるに、舟どもは、みな取り隠したる、いかがはすべき」と、軍どもに問はれけるに、軍ども、「さらにわたし給ふべきやうなし。まはりてこそ、よせさせ給ふべく候ふ」と申しければ、「この軍共の中に、さりとも、この道しりたる者はあらん。頼信は、坂東がたはこの度こそはじめて見れ。されども、我家のつたへにて、聞き置きたることあり。この海中には、堤のやうにて、ひろさ一丈ばかりして、すぐにわたりたる道あるなり。深さは馬の太腹にたつと聞く。この程にこそ、その道はあたりたるらめ。さりとも、このおほくの軍どもの中に、しりたるもあるらん。さらば、さきに立ちてわたせ。頼信つづきてわたさん」とて、馬をかきはやめて寄りければ、しりたるものにやありけん、四五騎ばかりの軍どもわたしけり。まことに馬の太腹に立てわたる。
 おほくの兵どもの中に、ただ三人ばかりぞ、この道はしりたりける。のこりは、「つゆもしらざりけり。聞くことだにもなかりけり。然に、この守殿、この国をば、これこそはじめにておはするに、我等は、これの重代のものどもにてあるに、聞きだにもせず、しらぬに、かくしり給へるは、げに人にすぐれたる兵の道かな」と、みなささやき、怖ぢて、わたり行くほどに、忠恒は、「海をまはりてぞ寄せ給はんずらん、舟はみなとりかくしたれば、浅き道をば、わればかりこそ知りたれ。すぐにはえわたり給はじ。浜をまはり給はん間には、とかくもし、逃げもしてん。さうなくは、え攻め給はじ」と思ひて、心静かに軍揃へてゐたるに、家のめぐりなる郎等、あわて走りきていはく、「上野殿は、この海の中に浅き道の候ひけるより、おほくの軍をひき具して、すでにここへ来給ひぬ。いかがせさせ給はん」と、わななき声に、あわてて言ひければ、忠恒、かねてのしたくにたがひて、「われすでに攻められなんず。かやうにしたて奉らん」と言ひて、たちまちに名簿をかきて、文ばさみにはさみてさし上げて、小舟に郎等一人のせてもたせて、むかへて、参らせたりければ、守殿みて、かの名簿をうけとらせていはく、「かやうに、名簿に怠り文をそへていだす。すでに来たれるなり。されば、あながちに攻むべきにあらず」とて、この文をとりて、馬を引きかへしければ、軍どもみなかへりけり。その後より、いとど守殿をば、「ことにすぐれて、いみじき人におはします」と、いよいよいはれ給ひけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→