宇治拾遺物語(巻十一 五)129白河法皇、北面受領の下りのまねの事

 これも今は昔、白河法皇、鳥羽殿におはしましける時、北面の者どもに、受領の国へ下るまねさせて、御覧あるべしとて、玄審頭久孝といふ者をなして、衣冠に衣出して、その外の五位どもをば前駆せさせ、衛府どもをば、胡録負ひにして御覧あるべしとて、おのおの錦、唐綾を着て、劣らじとしけるに、左衛門尉源行遠、心殊に出で立ちて、「人にかねて見えなば、めなれぬべし」とて、御前近かりける人の家に入り居て、従者を呼びて、「やうれ、御前の辺にて見て来」と、見て参らせてけり。
 無期に見えざりければ、「いかにかうは遅きにか」と、「辰の時とこそ催しはありしか、さがるといふ定、午未の時には、渡らんずらんものを」と思ひて待ち居たるに、門の方に声して、「あはれ、ゆゆしかりつるものかな、ゆゆしかりつるものかな」といへども、ただ参るものをいふらんと思ふほどに、「玄蕃殿の国司姿こそ、をかしかりつれ」と言ふ。「藤左衛門殿は錦を着給ひつ。源兵衛殿は縫物をして、金の文をつけて」など語る。
 怪しう覚えて、「やうれ」と呼べば、この「見て来」とてやりつる男、笑みて出で来て、「おほかたかばかりの見物候はず。賀茂祭も物にても候はず。院の御桟敷の方へ、渡しあひ給ひたりつるさまは、目も及び候はず」と言ふ。「さていかに」と言へば、「早う果て候ひぬ」と言ふ。「こはいかに、来ては告げぬぞ」と言へば、「こはいかなる事にか候ふらん。『参りて見て来』と仰せ候へば、目もたたかず、よく見て候ふぞかし」と言ふ。おほかたとかくいふばかりなし。
 さるほどに、「行遠は進奉不参、返す返す奇怪なり。たしかに召し籠めよ」と仰せ下されて、二十日余り候ひけるほどに、この次第を聞し召して、笑はせおはしましてぞ、召し籠めはゆりてけるとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→