宇治拾遺物語(巻十一 十一)135丹後守保昌、下向の時致経の父に逢ふ事

 これも今は昔、丹後守保昌、国へ下りける時、与佐の山に、白髪の武士一騎あひたり。路の傍なる木の下に、うち入れて立ちたりけるを、国司の郎等ども、「この翁、など馬よりおりざるぞ。奇怪なり。咎めおろすべし」と言ふ。ここに国司のいはく、「一人当千の馬の立てやうなり。ただにはあらぬ人ぞ。咎むべからず」と制してうち過ぐるほどに、三町ばかり行きて、大矢の左衛門尉致経、数多の兵を具してあへり。国司会釈する間、致経がいはく、「ここに老者一人あひ奉りて候ひつらん。致経が父平五大夫に候ふ。堅固の田舎人にて、子細を知らず、無礼を現し候ひつらん」と言ふ。致経過ぎて後、「さればこそ」とぞ言ひけるとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→