宇治拾遺物語(巻十一 十二)136出家功徳の事

 これも今は昔、筑紫に、たうさかのさへと申す齋の神まします。そのほこらに、修行しける僧のやどりてねたりける夜、夜中ばかりになりぬらんと思ふほどに、馬の足音あまたして、人の過ぐると聞くほどに、「齋はましますか」と問ふ声す。この宿りたる僧、あやしと聞くほどに、このほこらの内より、「侍り」と答ふなり。またあさましと聞けば、「明日武蔵寺にや参り給ふ」と問ふなれば、「さも侍らず。何事の侍るぞ」と答ふ。「あす武蔵寺に、新仏出で給ふべしとて、梵天、帝釋、諸天、龍神集まり給ふとは知り給はぬか」といふなれば、「さる事も、え承らざりけり。うれしく告げ給へるかな。いかで参らでは侍らん。かならず参らんずる」と言へば、「さらば、あすの巳の時ばかりのことなり。かならず参り給へ。まち申さん」とて過ぎぬ。
 この僧、これを聞きて、希有のことをも聞きつるかな。あすは物へゆかんと思ひつれども、このこと見てこそ、いづちも行かめと思ひて、あくるや遅きと、武蔵寺に参りて見れども、さるけしきもなし。例よりは、なかなか静かに、人もみえず。あるやうあらんと思ひて、仏の御前に候ひて、巳の時を待ちゐたるほどに、今しばしあらば、午の時になりなんず、「いかなることにか」と思ひゐたるほどに、年七十余ばかりなる翁の、髪もはげて、白きとてもおろおろある頭に、ふくろの烏帽子をひき入れて、もとも小さきが、いとど腰かがまりたるが、杖にすがりて歩むしりに尼たてり。小さく黒き桶に、なににかあるらん、物いれて、ひきさげたり。御堂に参りて、男は仏の御前にて、ぬか二三度ばかりつきて、もくれんずの念珠の、大きに長き、押しもみて候へば、尼、その持ちたる桶を、翁の傍らに置きて、「御坊よび奉らん」とていぬ。
 しばしばかりあれば、六十ばかりなる僧参りて、仏拝み奉りて、「なにせんに呼び給ふぞ」と問へば、「今日明日とも知らぬ身にまかりなりにたれば、この白髪の少し残りたるを剃りて、御弟子にならんと思ふなり」と言へば、僧、目押しすりて、「いと尊きことかな。さらば、とくとく」とて、小桶なりつるは湯なりけり、その湯にて頭あらひて、そりて、戒さづけつれば、また、仏拝み奉りて、まかり出でぬ。その後、また異事なし。
 さは、この翁の法師になるを随喜して、天衆も集まり給ひて、新仏の出でさせ給ふとはあるにこそありけれ。出家隨分の功徳とは、今にはじめたることにはあらねども、まして、若く盛りならん人の、よく道心おこして、随分にせんものの功徳、これにていよいよおしはかられたり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→