宇治拾遺物語(巻十二 一)137達磨天竺僧の行ひ見る事

 昔、天竺に一寺あり。住僧もつともおほし。達磨和尚、この寺に入りて、僧どもの行をうかがひ見給ふに、ある坊には念仏し、経をよみ、さまざまに行ふ。ある坊を見給ふに、八九十ばかりなる老僧の、只二人ゐて囲碁を打つ。仏もなく、経も見えず。ただ囲碁を打つほかは、他事なし。達磨、件の坊を出て、他の僧に問ふに、答へて言ふ、「この老僧二人、若きより囲碁の外はすることなし。すべて仏法の名をだに聞かず。よつて寺僧、にくみいやしみて、交曾する事なし。むなしく僧供を受け、外道のごとく思へり」と云々。
 和尚これを聞きて、定めて様あらんと思ひて、この老僧が傍にゐて、囲碁打つ有様を見れば、一人は立てり、一人は居りとみるに、忽然として失せぬ。あやしく思ふほどに、立てる僧は帰りゐたりとみるほどに、またゐたる僧うせぬ。見ればまた出で来ぬ。さればこそと思ひて、「囲碁の外、他事なしと承るに、証果の上人にこそおはしけれ。その故を問ひ奉らん」と宣ふに、老僧答へて言はく、「年ごろ、この事より外、他事なし。ただし、黒勝つときは、我が煩悩勝ちぬとかなしみ、白勝つときは、菩提勝ちぬと怡ぶ。打つにしたがひて、煩悩の黒を失ひ、菩提の白の勝たん事を思ふ。この功徳によりて証果の身となり侍るなり」と云々。
 和尚、坊を出て、他僧に語り給ひければ、年ごろ、憎みいやしみつる人々、後悔して、みな貴みけりとなん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→